世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【京都芝3000m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

京都芝3000m コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

京都競馬場は内回りコースと外回りコースが用意されている右回りの競馬場です。

Keibit

ここでは、京都競馬場の芝3000mの特徴や傾向について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

京都芝3000mのコースの特徴

京都芝3000m(外回り) 右
コース形態
京都芝3000m(外回り) 右
高低図

2回「淀の坂」を上り下りする難コース

京都芝3000mは外回りを使用するコースです。なおこのコースが使用されるのは菊花賞(G1)と万葉S(OP)のみになります。

京都競馬場最大の特徴は「淀の坂」と呼ばれる大きな坂。向こう正面半ばから上りはじめ3コーナーで坂の頂上を迎えます。そこから4コーナーにかけて一気に下るレイアウト。外回りの場合この坂の高低差は4.3mにもなります。

スタートは向正面半ばの上り坂の途中から。3コーナーまで約200m程しかないため、外枠の馬は早めにロスのないポジションを確保する必要があります。

Keibit

長丁場でコースを1周半もするため、序盤と後半で「淀の坂」を2回上り下りする難コースです。

上手く流れに乗れるかが最重要!無駄な動きは厳禁

長距離に共通する事ですが、いかに馬との折り合いを重視して流れに乗れるかが重要になってきます。

スタミナに不安のある馬は道中無駄に動いてしまうと最後のひと踏ん張りが効かなくります。特に京都芝3000mでは二度の大きなアップダウンがあるためリズムが乱れやすくなります。

また、ほとんどの馬は最後まで力を温存したいため中盤はペースが極端に緩む傾向にあります。

このタイミングで「最後の瞬発力勝負にしたくない馬」「現在の位置取りが良くない馬」などが、よりよいポジションを取りに行ったり、「折り合いに問題のある馬」が抑えきれずに進出したりして出入りが激しくなるケースがしばしばみられます。

Keibit

序盤に好ポジションを取ってジッとできれば勝利は大きく近づきます。

最後の直線は平坦な403.7m!「スタミナ+瞬発力」が必要

京都では下り坂からそのまま直線に突入するため、スピードに乗せすぎると外に振られるので注意が必要。

直線の長さは403.7mと平均的です。ここまでの長丁場もあってスタミナも当然必要ですが、最後の直線は平坦でスピードも出やすいため瞬発力も問われます。

Keibit

馬場は野芝主体で直線も平坦なため、早い時計の決着になりやすいのが特徴です。

京都芝3000mデータ詳細

コース右回り
一周距離(内回り)Aコース:1894.3m 
Bコース:1913.6m 
Cコース:1932.4m
Dコース:1951.3m
直線距離(内回り)Aコース:403.7m 
Bコース:398.7m 
Cコース:398.7m
Dコース:398.7m
高低差(内回り)4.3m
コースレコード3:01.4(トーホウジャッカル 2014 菊花賞) 
2023年10月16日時点

京都芝3000mで注目の枠順・脚質

京都芝3000mで行われるレースは1年で菊花賞(G1)と万葉S(OP)の2レースのみとなるため、枠順・脚質の傾向はあくまで参考程度とどめておくことをおすすめします。

枠順2枠・6枠・7枠
脚質逃げ・差し
2017年1月1日~2022年12月31日(8レース)
スクロールできます
成績勝率連対率複勝率
1枠0-0-1-110.00%0.00%8.33%
2枠2-1-1-816.67%25.00%33.33%
3枠1-1-1-107.69%15.38%23.08%
4枠0-0-2-110.00%0.00%15.38%
5枠0-2-1-110.00%14.29%21.43%
6枠2-2-2-1014.29%28.57%28.57%
7枠2-2-2-1211.11%22.22%33.33%
8枠1-0-0-195.00%5.00%5.00%
京都芝3000m枠別成績

京都芝3000mで開催される代表的なレース

  • 菊花賞(G1)
  • 万葉S(OP)

京都芝3000mで開催される代表的なレースはG1の菊花賞です。牡馬クラシック最終戦にあたるレースで、夏に頭角を表した新興勢力も参戦するため非常に難解な1戦になります。

2020年にはコントレイルが優勝して史上初となる父子2世代での無敗の3冠馬が誕生しました。

菊花賞の過去10年のデータと傾向

以下は菊花賞の過去10年の1~3着馬の騎手と前走の着順です。なお21年、22年は阪神での開催となっています。

着順馬名騎手前走前着順
22年
阪神
1着アスクビクターモア田辺裕信セントライト記念2着
2着ボルドグフーシュ吉田隼人神戸新聞杯3着
3着ジャスティンパレス鮫島克駿神戸新聞杯1着
21年
阪神
1着タイトルホルダー横山武史セントライト記念13着
2着オーソクレースCルメールセントライト記念3着
3着ディヴァインラヴ福永祐一木曽川特別1着
20年1着コントレイル福永祐一神戸新聞杯1着
2着アリストテレスCルメール小牧特別1着
3着サトノフラッグ戸崎圭太セントライト記念2着
19年1着ワールドプレミアム武豊神戸新聞杯3着
2着サトノルークス福永祐一セントライト記念2着
3着ヴェロックス川田将雅神戸新聞杯2着
18年1着フィエールマンCルメールラジオNIKKEI賞2着
2着エタリオウMデムーロ神戸新聞杯2着
3着ユーキャンスマイル武豊阿賀野川特別1着
17年1着キセキMデムーロ神戸新聞杯2着
2着クリンチャー藤岡佑介セントライト記念9着
3着ポポカテペトル和田竜二阿賀野川特別1着
16年1着サトノダイヤモンドCルメール神戸新聞杯1着
2着レインボーライン福永祐一札幌記念3着
3着エアスピネル武豊神戸新聞杯5着
15年1着キタンサンブラック北村宏司セントライト記念1着
2着リアルスティール福永祐一神戸新聞杯2着
3着リアファルCルメール神戸新聞杯1着
14年1着トーホウジャッカル酒井学神戸新聞杯3着
2着サウンズオブアース蛯名正義神戸新聞杯2着
3着ゴールドアクター吉田隼人支笏湖特別1着
13年1着エピファネイア福永祐一神戸新聞杯1着
2着サトノノブレス岩田康誠神戸新聞杯3着
3着バンデ松田大作兵庫特別1着
菊花賞の過去10年の1~3着馬の騎手と前走


今回は阪神開催となった21年と22年を除いた8年間のデータで比較してみます。

近年ではルメール騎手の成績が頭1つ抜けている

よく長距離は騎手と言われますが、菊花賞はルメール騎手の成績が頭1つ抜けています。

  • C.ルメール【2-1-1-2】
  • 福永祐一(引退)【2-3-0-3】
  • M.デムーロ【1-1-0-4】
  • 武豊【1-0-2-4】
  • 北村宏司【1-0-0-3】
  • 酒井学【1-0-0-2】
  • 和田竜二【0-0-1-5】
  • 川田将雅【0-0-1-6】
  • J.モレイラ【0-0-0-1】
  • 横山典弘【0-0-0-5】
  • 松山弘平【0-0-0-6】
  • 池添謙一【0-0-0-7】

ルメール騎手は、2015年にJRAの騎手免許を取得してから【2-1-1-2】という成績。馬券圏内には66.7%という高い確率で来ています。勝つためのポジション取りやロスのない立ち回りなどが上手い騎手ですので、長距離の菊花賞でより成績に表れていると考えられます。

また、注目の武豊騎手ですが、2013~2020年では【1-2-0-4】という成績。ルメール騎手程のインパクトはありませんが3番人気以上の馬には2回しか乗っておらず、見過ごせない1人です。

反対に川田将雅騎手は2010年にビッグウィークで優勝しているものの、最近に限れば【0-0-1-6】とやや不振傾向です。現在の活躍から見れば意外なデータと言えます。

Keibit

ちなみに福永祐一元騎手も【2-3-0-3】とかなりの好成績で、菊花賞で信頼できる騎手でした。

現在活躍中の若手に注目してみると…

現在活躍中の若手の菊花賞の成績も気になるところ。

  • 横山武史【0-0-0-0】
  • 西村淳也【0-0-0-0】
  • 岩田望来【0-0-0-0】
  • 鮫島克駿【0-0-0-0】
  • 坂井瑠星【0-0-0-2】

やはり20年、21年が阪神開催だったこともあり京都での菊花賞の経験はほとんどありません。

このコース自体年に2回しかないので、経験面としては未知数なところがあります。

ただ阪神3000mでの菊花賞では横山武史騎手のタイトルホルダー(1着)や鮫島克駿騎手のジャスティンパレス(3着)あるので、これから破られていくデータではありそうです。

前走神戸新聞杯組が最有力

阪神開催となった21年と22年を除いた8年間のデータのステップの成績(3着以内馬輩出)を比較すると…

  • 神戸新聞杯【6-4-3-42】
  • セントライト記念【1-2-1-37】
  • 2勝クラス【0-1-4-28】
  • ラジオNIKKEI賞【1-0-0-1】
  • 札幌記念【0-1-0-2】

菊花賞が関西馬が7勝、関東馬が1勝という背景もあり、「神戸新聞杯組」からのローテが【6-4-3-42】で最有力となります。8年で6勝ですからまずは神戸新聞杯組から検討に入るべきレースになります。

次いで「セントライト記念組」「2勝クラス組」と続いていきます。その他の重賞では「ラジオNIKKEI賞組」や「札幌記念組」も好走馬を出しているので注目ですが、出走数自体が少な目で過度に信用はできません。

なお「ダービー直行組」は2013~2020年では1頭も出走馬がいないので未知数となります。(阪神開催の21年ならディープモンスターが出走し5着に入っています)

菊花賞傾向まとめ(阪神開催を除く過去8年)

・騎手はCルメール騎手【2-1-1-2】と圧倒的!武豊騎手も人気より上に持ってきやすい
・21年22年が阪神開催だったため、現在活躍中の若手騎手は京都での菊花賞は未知数な部分が大きい
・前走ステップは神戸新聞杯組が【6-4-3-42】と圧倒的!特に1~3着だった馬がそのまま好走しやすい

その他の京都競馬場のコース


  • URLをコピーしました!
目次