世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【京都芝1200m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

京都芝1200m コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

京都競馬場は内回りコースと外回りコースが用意されている右回りの競馬場です。

特に向こう正面半ばから3コーナーにかけての上り坂、そして4コーナにかけての下り坂が大きな特徴でこの「坂」をどう攻略するかが重要になってきます。

Keibit

ここでは、京都競馬場の芝1200mの特徴や傾向について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

京都芝1200mのコースの特徴

京都芝1200m コース形態
コース形態
京都芝1200m 高低図
高低図

内回りのコンパクトなコースでコーナーロスは最小限に抑えたい

京都芝1200mは「内回りコース」を使用します。

向こう正面半ばあたりからのスタートで3コーナーまでの距離は約320mと短めです。

京都の代名詞とも言える向こう正面半ばから上り、3~4コーナーにかけて一気に下る大きな坂がレースの大部分を占めます。坂の高低差は3.1mで外回りコースほどではありませんが大きめです。

短距離といういう事も相まってスピードに乗って坂を下ることが多いため、外に振られやすく注意が必要です。内枠でロスなく立ち回れる馬が好成績を残しやすいコースとなります。

内回りコースのため直線も328.4mと短めかつ平坦でスピードのある逃げ・先行馬が強みを発揮しやすい。

4つのコースが使用され馬場は傷みにくい

京都の芝コースは幅員(横の長さ)が広く、内ラチを外側に移動させる事でABCDの4つのコースを使い分けます。

  • Aコース(内から0m地点にラチを設置したコース)
  • Bコース(内から3m地点にラチを設置したコース)
  • Cコース(内から6m地点にラチを設置したコース)
  • Dコース(内から9m地点にラチを設置したコース)

このように開催日によってコースを使い分けることで馬場が集中的に痛むのを抑えています。他の競馬場では2つ、または3つのコースを使い分けており、4つのコースを使い分けるのは東京京都のみです。

更に内回りと外回りもあるので綺麗な馬場を維持しやすく、直線も平坦ということもあって、京都競馬場は時計の早いスピード馬場になっているのが特徴です。

京都芝1200mデータ詳細

コース右回り
一周距離(内回り)Aコース:1782.8m 
Bコース:1802.2m 
Cコース:1821.1m
Dコース:1839.9m
直線距離(内回り)Aコース:328.4m 
Bコース:323.4m 
Cコース:323.4m
Dコース:323.4m
高低差(内回り)3.1m
コースレコード1:06.7(ヘニーハウンド 2014 オパールステークス) 
2024年1月22日時点

京都芝1200mで注目の枠順・脚質

京都芝1200mでは注目の枠は「1枠」「7枠」になります。スタートからそのまま内を取りやすい「1枠」が有利なのはわかりやすいですが、「7枠」も同じくらい成績がいいので注意が必要です。

脚質は「逃げ」と「先行」がスピードを活かしてロスのないポジションを回ってきやすいため有利です。直線も短く平坦なため、多少強引に前に行っても押し切れるコース形態です。

枠順1枠・7枠
脚質逃げ・先行
2017年1月1日~2023年12月31日(126レース)
Keibit

どのレースにも共通しますが当日の馬場傾向が最も大切です。
特に内外の馬場の荒れ具合の差があるかはよく見ておきましょう。

その他の京都競馬場のコース

京都芝1200mで開催される代表的なレース

  • シルクロードS(G3)
  • 葵S(G3)
  • 京阪杯(G3)

京都芝1200mではシルクロードS、葵S、京阪杯といったG3のレースが行われます。
中でもシルクロードSは高松宮記念を見据えたステップレースの意味合いが強く、注目のレースとなります。

シルクロードS過去10年のデータと傾向

着順馬名前走前走着順
23年
中京
1着2ナムラクレアスプリンター5着
2着9ファストフォースタンザナイト4着
3着8マッドクール知立S1着
22年
中京
1着3メイケイエールスプリンター4着
2着16シャインガーネットオーロC3着
3着10ナランフレグタンザナイト1着
21年
中京
1着13シヴァージ京阪杯5着
2着2ライトオンキュースプリンター9着
3着12ラウダシオンマイルCS15着
20年1着8アウィルアウェイ京阪杯4着
2着6エイティーンガールファイナルS1着
3着15ナランフレグ浜松S1着
19年1着2ダノンスマッシュ京阪杯1着
2着8エスティタート京阪杯5着
3着18ティーハーフ淀短距離S3着
18年1着1ファインニードルスプリンター12着
2着7セイウンコウセイ京阪杯7着
3着4フミノムーンスワンS17着
17年1着7ダンスディレクター阪神C4着
2着11セイウンコウセイ淀短距離S1着
3着9セカンドテーブル淀短距離S2着
16年1着1ダンスディレクター阪神C2着
2着8ローレルヴェローチェ淀短距離S1着
3着7ワキノブレイブ淀短距離S8着
15年1着3アンバルブライベン淀短距離S2着
2着2サドンストーム淀短距離S5着
3着15セイコーライコウラピスラズリ3着
14年1着2ストレイトガール尾張S1着
2着1レディオブオペラ淀短距離S1着
3着6リトルゲルダ尾張S11着
シルクロードS過去10年の1~3着馬の枠順・前走・前走着順

なお21年~23年が中京開催だったのでこの点は注意。

「1枠」は過去7年で4勝の絶好の当たり枠だが…

中京開催を除いた過去7年での枠順別の成績は以下の通り。

  • 1枠【4-2-0-7】
  • 2枠【1-0-1-11】
  • 3枠【0-1-1-11】
  • 4枠【1-3-1-9】
  • 5枠【1-0-0-13】
  • 6枠【0-0-1-13】
  • 7枠【0-1-1-15】
  • 8枠【0-0-2-16】

4勝2着2回で「1枠」に入った馬の成績は飛びぬけており絶好の当たり枠となっています。

ただし好走した馬達は軒並み上位人気馬であったことも併せて覚えておきたいところ。内優勢は変わりないが絶対的な信頼は置かずに参考程度にとどめておいたほうがよさそうです。

阪神Cや京阪杯からのローテが強い

中京開催を除いた過去7年での主な前走別成績は以下の通り。

成績勝率連対率3着以内
京阪杯【2-2-0-7】18.18%36.36%36.36%
阪神C【2-0-0-7】22.22%22.22%22.22%
スプリンターズS【1-0-0-9】10.00%10.00%10.00%
淀短距離S【1-4-3-19】3.70%18.52%29.63%

阪神Cや京阪杯からのローテは出走頭数の割に勝ち馬が多く積極的に狙いたいところ。

淀短距離S組は直近の同条件ということもあって参戦頭数が多い割には勝ち馬は少ないが、2着3着と馬券に絡むことは多く注意が必要。

その他のOP組や重賞組は不振傾向にあります。

  • URLをコピーしました!
目次