得意の雨で豪脚一閃!ブローザホーンが初G1制覇! レース回顧はこちら

【札幌芝1800m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
札幌芝1800m コースの特徴・傾向

札幌競馬場は右回りの平坦な競馬場です。芝コースの1周の長さは約1640.9mとコンパクトな競馬場です。

ここでは札幌競馬場の芝1800mの特徴や傾向をコース図を交えて解説していきます。

目次

札幌芝1800mのコースの特徴

札幌芝1800m 右
コース形態
高低断面図

スタート位置からコーナーまでの距離がかなり短い

札幌芝1800mはスタート位置が直線半ばのため、1コーナーまでの距離が約185mとかなり短いため序盤のポジション争いは苛烈になります。

その後コーナーに入ってからはペースは落ち着きやすい傾向にあります。

また札幌競馬場は4つのコーナー半径が大きく緩やかなのが特徴です。コース全体でコーナーの占める割合が大きい分、直線の距離は266.1mとかなり短くなっています。

最初から最後まで平坦なコース

札幌競馬場は、高低断面図を見てもわかるように最初から最後までほとんど平坦なコースです。

コーナー半径は大きく緩やかなため、ローカル場にしてはそこまで小回り適正は求めらません。

洋芝で時計はかかりやすいが函館ほどタフさは求められない

馬場についても大きな特徴があります。それは札幌競馬場の芝が「オール洋芝」だということです。

洋芝とは…

洋芝は寒冷な気候に強く、細かい根がマット層を作るためクッションが効いて保水性が高いのが特徴。また野芝と比べて耐久性はやや見劣り、馬場が傷みやすい。

中央競馬では北海道の競馬場はオール洋芝、それ以外の競馬場は野芝をベースとして洋芝が使われている。

ただ札幌競馬場の芝は水はけが非常によく、重馬場には滅多になりません。

同じく洋芝の函館競馬場は雨の影響を受けやすく、札幌競馬場は雨の影響を受けにくい、という違いがあるので覚えておきましょう。

洋芝で時計はかかりやすいですが、水はけや高低差の違いもあり函館ほどタフな競馬にはならないことが多いです。

札幌芝1800mで注目の枠順・脚質

枠順は1枠が勝率、連対率共に優秀でロスなく立ち回れる最内枠は注目すべきポイントです。ただ4枠7枠の成績も悪くなく、枠にそこまで左右されないコースと言えるでしょう。

脚質は、序盤のコーナーまでにロスのないポジションをとれる「逃げor先行馬」がそのまま短い直線を押し切りやすくなっています。

また追い込みはほとんど決まりませんが、実力のある馬が後ろから早めに捲って勝つ確率は他の競馬場より高くなっています。「捲り」についてはかなり予想が立てづらいですが、陣営のコメント・馬の特徴・騎手の性格などから予想してみてもいいでしょう。

枠順1枠・4枠・7枠
脚質逃げ先行・捲り
2019年1月1日~2022年12月31日

札幌芝1800mデータ詳細

コース右回り
一周距離Aコース:1640.9m Bコース:1650.4m Cコース:1659.8m
直線距離Aコース:266.1m Bコース:267.6m Cコース:269.1m
高低差0.7m
コースレコード1:45.7(キャトルフィーユ 2014 クイーンS) 
2023年7月25日時点

札幌芝1800mで開催される代表的なレース

  • クイーンS(G3)
  • 札幌2歳ステークス(G3)

札幌芝1800mで行われるレースにはクイーンS(G3)や札幌2歳ステークス(G3)があります。

札幌2歳ステークスの勝ち馬からは近年ではジオグリフやソダシといったG1馬も誕生しており、活躍馬が多いため注目度の高いレースになります。

クイーンSの傾向

クイーンS好走馬は前走に偏った傾向があります。

着順馬名前走前着順
2022年1着テルツェットヴィクトリアマイル13着
2着サトノセシル江の島S4着
3着ローザノワールヴィクトリアマイル4着
2021年
(函館)
1着テルツェットヴィクトリアマイル14着
2着マジックキャッスルヴィクトリアマイル3着
3着サトノセシル洞爺湖特別1着
2020年1着レッドアネモスマーメイドS8着
2着ビーチサンバヴィクトリアマイル9着
3着スカーレットカラーヴィクトリアマイル15着
2019年1着ミッキーチャームヴィクトリアマイル8着
2着スカーレットカラーマーメイドS3着
3着カリビアンゴールド五稜郭ステークス2着
2018年1着ディアドラドバイターフ3着
2着フロンテアクイーン中山牝馬S2着
3着ソウルスターリングヴィクトリアマイル7着
2017年1着アエロリットNHKマイルカップ1着
2着トーセンビクトリーマーメイドS9着
3着クインズミラーグロマーメイドS2着
2016年1着マコトブリジャール福島牝馬S1着
2着シャルールヴィクトリアマイル18着
3着ダンツキャンサー安土城ステークス2着
2015年1着メイショウスザンナマーメイドS10着
2着レッドリヴェールヴィクトリアマイル4着
3着イリュミナンスマーメイドS6着
2014年1着キャトルフィーユヴィクトリアマイル5着
2着アロマティコ巴賞1着
3着スマートレイアーヴィクトリアマイル8着
2013年
(函館)
1着アイムユアーズヴィクトリアマイル8着
2着スピードリッパー夏至ステークス13着
3着オールザットジャズヴィクトリアマイル13着
クイーンS過去10年の1~3着馬

2021年、2013年は函館での開催となっているが、洋芝で時期も同じなので今回はデータとして入れている。

  • ヴィクトリアマイル組  1着:5回 2着:4回 3着:5回
  • マーメイドS組     1着:2回 2着:2回 3着:2回

過去10年で半分の5回という高確率で前走ヴィクトリアマイル組が勝利している。また全く馬券に絡まなかった年は2017年1回のみ。

次いでマーメイドS組も強くこちらも注目。

その他の札幌競馬場のコースの特徴と傾向


中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

  • URLをコピーしました!
目次