世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【札幌芝1200m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

札幌芝1200m コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

札幌競馬場は右回りの平坦な競馬場です。芝コースの1周の長さは約1640.9mとコンパクトな競馬場です。

Keibit

ここでは札幌競馬場の芝1200mの特徴や傾向をコース図を交えて解説していきます。

スポンサーリンク
目次

札幌芝1200mのコースの特徴

札幌芝1200m 右
コース形態
札幌芝1200m高低図
高低断面図

大きく緩やかなコーナと短い直線が特徴

札幌芝1200mのスタート位置は2コーナーの奥ポケット。ここから3コーナーまでの距離は約400m程です。

コーナー半径は大きく緩やかなため、ローカル場にしてはそこまで小回り適正は求めらません。

そしてコース全体でコーナーの占める割合が大きい分、直線の距離は266.1mとかなり短くなっています。

また、高低断面図を見てもわかるように最初から最後までほとんど平坦なコースです。

洋芝で時計はかかりやすいが函館ほどタフさは求められない

馬場についても大きな特徴があります。それは札幌競馬場の芝が「オール洋芝」だということです。

洋芝とは…

洋芝は寒冷な気候に強く、細かい根がマット層を作るためクッションが効いて保水性が高いのが特徴。また野芝と比べて耐久性はやや見劣り、馬場が傷みやすい。

中央競馬では北海道の競馬場はオール洋芝、それ以外の競馬場は野芝をベースとして洋芝が使われている。

ただ札幌競馬場の芝は水はけが非常によく、重馬場には滅多になりません。

同じく洋芝の函館競馬場は雨の影響を受けやすく、札幌競馬場は雨の影響を受けにくい、という違いがあるので覚えておきましょう。

洋芝で時計はかかりやすいですが、水はけや高低差の違いもあり函館ほどタフな競馬にはならないことが多いです。

コース右回り
一周距離Aコース:1640.9m Bコース:1650.4m Cコース:1659.8m
直線距離Aコース:266.1m Bコース:267.6m Cコース:269.1m
高低差0.7m
コースレコード1.07.5(エポワス 2015 UHB賞) 
2023年8月22日時点

札幌芝1200mで注目の枠順・脚質

札幌芝1200mでは外枠が有利な傾向があります。特に8枠6枠は成績がよく注目すべき枠になります。

直線が短く平坦なため、脚質は逃げ・先行が強いコースになります。差しもそれなりに来ますが、実力のある馬が前につける場合はあまり逆らわない方がいいでしょう。

枠順8枠・6枠
脚質逃げ先行
2019年1月1日~2022年12月31日

札幌芝1200mで開催される代表的なレース

  • キーンランドC(G3)
  • UHB賞(OP)
  • すずらん賞(OP)

札幌芝1200mで行われる代表的なレースとしてはキーンランドCがあります。

キーンランドCはサマースプリントシリーズの第5戦として位置づけられている他、スプリンターズSの前哨戦としても重要な1戦となります。

キーンランドCの傾向

キーンランドCは外枠と牝馬が強い傾向にあります。

以下はキーンランドCの過去9年のデータです。(2013年は函館開催なので除外しています)

着順馬番馬名性齢
22年1着48ヴェントヴォーチェ牡5
2着35ウインマーベル牡3
3着11ヴァトレニセ4
21年1着612レイハリア牝3
2着59エイティーンガール牝5
3着48セイウンコウセイ牡8
20年1着714エイティーンガール牝4
2着612ライトオンキュー牡5
3着815ディメンシオン牝6
19年1着713ダノンスマッシュ牡4
2着47タワーオブロンド牡4
3着816リナーテ牝5
18年1着611ナックビーナス牝5
2着47ダノンスマッシュ牡3
3着24ペイシャフェリスタ牝5
17年1着68エポワスセ9
2着711ソルヴェイグ牝4
3着56ナックビーナス牝4
16年1着814ブランボヌール牝3
2着34シュウジ牡3
3着712レッツゴードンキ牝4
15年1着713ウキヨノカゼ牝5
2着816トーホウアマポーラ牝6
3着510ティーハーフ牡5
14年1着47ローブティサージュ牝4
2着815レッドオーヴァル牝4
3着714マジンプロスパー牡7
キーンランドC過去9年の1~3着馬

札幌芝1200m自体が外枠が強い傾向にありますが、これはキーンランドCに絞ってみても同様です。

  • 1枠(0-0-1-15)
  • 2枠(0-0-1-14)
  • 3枠(0-2-0-15)
  • 4枠(2-2-1-13)
  • 5枠(0-1-2-14)
  • 6枠(3-1-0-14)
  • 7枠(3-1-2-12)
  • 8枠(1-2-2-13)

4枠も優秀ですが主に外枠に良績が集中しているのがわかります。

さらに牝馬が活躍するレースでもあり、過去9年で6回牝馬が優勝しています。

  • 牝馬(6-4-5)
  • 牡馬/セン馬(3-5-4)

キーンランドCでは「4枠・6枠・7枠・8枠」「牝馬」が好成績で注目!

その他の札幌競馬場のコースの特徴と傾向


中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

  • URLをコピーしました!
目次