世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【京都芝2400m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

京都芝2400m コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

京都競馬場は内回りコースと外回りコースが用意されている右回りの競馬場です。

特に向こう正面半ばから3コーナーにかけての上り坂、そして4コーナにかけての下り坂が大きな特徴でこの「坂」をどう攻略するかが重要になってきます。

Keibit

ここでは、京都競馬場の芝2400mの特徴や傾向について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

京都芝2400mのコースの特徴

京都芝2400m コースの特徴・傾向
コース形態
京都芝2400m(外回り)高低図 右
高低図

序盤は600mの長い直線でペースは落ち着きやすい

京都芝2400mでは外回りコースを使用します。

4コーナーのポケット地点からのスタートになり、1コーナーまでの約600mもの長い直線を走ることになります。

このため1コーナーまででおおよその隊列が決まりやすく、長丁場なのも相まってペースは落ち着きやすいのが特徴です。

最大の山場は3コーナーから4コーナーにかけての淀の坂

向こう正面半ばから3コーナーにかけて上り坂が待ち受けています。外回りの場合この上り坂の高低差は4.3mにもなります。

この3コーナで坂の頂上を迎え、今度は4コーナーにかけて一気に下ります。この勝負所の「淀の坂」をどう乗り切るかが大きなポイントになります。

一般的に下り坂にさしかかる残り800mからペースが上がりやすくなるケースが多いです。

逆に言えばこの坂以外は平坦でゆったりした競馬場です。

最後の直線は403.7mで外回りのコースを使用する直線としては短めです。

4つのコースが使用され馬場は傷みにくい

京都の芝コースは幅員(横の長さ)が広く、内ラチを外側に移動させる事でABCDの4つのコースを使い分けます。

  • Aコース(内から0m地点にラチを設置したコース)
  • Bコース(内から3m地点にラチを設置したコース)
  • Cコース(内から6m地点にラチを設置したコース)
  • Dコース(内から9m地点にラチを設置したコース)

このように開催日によってコースを使い分けることで馬場が集中的に痛むのを抑えています。他の競馬場では2つ、または3つのコースを使い分けており、4つのコースを使い分けるのは東京京都のみです。

更に内回りと外回りもあるので綺麗な馬場を維持しやすく、直線も平坦ということもあって、京都競馬場は時計の早いスピード馬場になっているのが特徴です。

京都芝2400mで注目の枠順・脚質

京都芝2400mはレース数が少ないため、ややデータの信頼性は欠けますが、勝率では「4枠」が有利です。連対率、複勝率などでは「5枠」も優秀で、中程の枠が注目のコースになります。

脚質は「差し」「先行」が有利です。

枠順4枠・5枠
脚質差し先行
2017年1月1日~2023年12月31日(75レース)
Keibit

スローからの瞬発力勝負に強い馬に注目しましょう。

京都芝2400mデータ詳細

コース右回り
一周距離(外回り)Aコース:1894.3m 
Bコース:1913.6m 
Cコース:1932.4m
Dコース:1951.3m
直線距離(外回り)Aコース:403.7m 
Bコース:398.7m 
Cコース:398.7m
Dコース:398.7m
高低差(外回り)4.3m
コースレコード2:22.6(サンエムエックス 2010 比叡ステークス) 
2023年10月3日時点

その他の京都競馬場のコース

京都芝2400mで開催される代表的なレース

  • 日経新春杯(G2)
  • 京都大賞典(G2)

京都芝2400mの代表的なレースは日経新春杯京都大賞典でいずれも古馬のG2です。
特に京都大賞典は近年ジャパンCのステップレースとして重要視されるレースで、キタサンブラックやヴェラアズールなどが見事本番も制しました。

日経新春杯の過去10年のデータと傾向

着順馬名性齢前走
2023年
(中京)
1着2ヴェルトライゼンテ牡6JC
2着10キングオブドラゴン牡6アルゼンチン
3着12プラダリア牡4菊花賞
2022年
(中京)
1着10ヨーホーレイク牡4ダービー
2着4ステラヴェローチェ牡4有馬記念
3着6ヤシャマル牡5中日新聞杯
2021年
(中京)
1着14ショウリュウイクゾ牡5関ケ原S
2着5ミスマンマミーア牝6新潟牝馬S
3着11クラージュゲリエ牡5アンドロメダS
2020年1着6モズベッロ牡4グレイトフルS
2着4レッドレオン牡5比叡S
3着8エーティラッセン牡6オリオンS
2019年1着2グローリーヴェイズ牡4菊花賞
2着10ルックトゥワイス牡6グレイトフルS
3着5シュペルミエール牡6オリオンS
2018年1着7パフォーマプロミス牡5グレイトフルS
2着2ロードヴァンドール牝5中日新聞杯
3着9ガンコ牡5江坂特別
2017年1着5ミッキーロケット牡4菊花賞
2着3シャケトラ牡4境港特別
3着8モンドインテロ牡5ステイヤーズS
2016年1着1レーヴミストラル牡4金鯱賞
2着7シュヴァルグラン牡4オリオンS
3着10サトノノブレス牡6金鯱賞
2015年1着4アドマイヤデウス牝5ダービー
2着5フーラブライト牡3愛知杯
3着6アドマイヤフライト牡5札幌記念
2014年1着1サトノノブレス牡5菊花賞
2着8アドマイヤフライト牡5オリオンS
3着4フーラブライト牡4愛知杯
日経新春杯過去10年の1~3着馬の枠順・性齢・前走

開幕2週目で内枠有利の傾向

21~23年が中京開催だったので14年~20年の京都開催7年間の枠順成績で見てみましょう。

開幕2週目ということもあり内枠有利の傾向にあることが見て取れます。

8枠は3着以内もなし、7枠も最高3着があるのみとなり、外枠は割引きする必要があります。

枠順成績勝率連対率3着内率
1枠【3-0-0-7】30.00%30.00%30.00%
2枠【1-1-1-7】10.00%20.00%30.00%
3枠【0-3-2-7】0.00%30.00%50.00%
4枠【2-1-0-10】16.67%25.00%25.00%
5枠【0-1-2-11】0.00%7.14%21.43%
6枠【1-1-0-12】7.14%14.29%14.29%
7枠【0-0-2-13】0.00%0.00%13.33%
8枠【0-0-0-15】0.00%0.00%0.00%
京都開催だった14年~20年の枠順別成績

成長著しい明け4歳が7勝と圧倒的!

1月に行われる日経新春杯は明け4歳が7勝2着3回と圧倒的です。基本的には4歳馬を中心に考える必要がありそうです。

  • 4歳(7-3-1-19)
  • 5歳(1-3-5-21)
  • 6歳(2-4-4-33)
  • 7歳以上(0-0-0-45)

前走G1組は6勝と安定の強さ!条件戦組も健闘

G2戦だけあって前走G1組はやはり好成績で過去10年で6勝と断トツ。

またハンデ戦ということもあってか意外に健闘しているのが条件戦組(2勝クラス~3勝クラス)。過去10年で3勝2着5回3着3回で要注目の臨戦過程となります。

京都大賞典の過去10年のデータと傾向

着順馬名性齢前走前着順
22年
阪神
1着ヴェラズール牡5ジューンS1着
2着ボッケリーニ牡6目黒記念1着
3着ウインマイティー牝5マーメイドS1着
21年
阪神
1着マカヒキ牡8天皇賞春8着
2着アリストテレス牡4宝塚記念9着
3着キセキ牡7宝塚記念5着
20年1着グローリヴェイズ牡5宝塚記念17着
2着キセキ牡6宝塚記念2着
3着キングオブコージ牡4目黒記念1着
19年1着ドレッドノータスセ6丹頂S5着
2着ダンビュライト牡5大阪杯9着
3着シルヴァンシャー牡4御堂筋S1着
18年1着サトノダイヤモンド牡5宝塚記念6着
2着レッドジェノバ牝4オールスターJ1着
3着アルバート牡7宝塚記念13着
17年1着スマートレイアー牝7鳴尾記念2着
2着トーセンバジル牡5新潟記念7着
3着シュヴァルグラン牡5宝塚記念8着
16年1着キタサンブラック牡4宝塚記念3着
2着アドマイヤデウス牡5天皇賞春9着
3着ラブリーデイ牡6宝塚記念4着
15年1着ラブリーデイ牡5宝塚記念1着
2着サウンズオブアース牡4天皇賞春9着
3着カレンミロティックセ7宝塚記念13着
14年1着ラストインパクト牡4新潟記念3着
2着タマモベストプレイ牡4丹頂S1着
3着トーセンラー牡6安田記念14着
13年1着ヒットザターゲット牡5宝塚記念11着
2着アンコイルド牡4札幌記念3着
3着トーセンラー牡5宝塚記念5着
京都大賞典の過去10年の1~3着馬の性齢と前走

年齢は経験もある成熟した5歳が優秀

まず年齢で比較すると、5勝を挙げている5歳の活躍が一番目立つ。次に充実期の4歳でこれはまあ当然ともいえる。

  • 3歳(0-0-0-1)
  • 4歳(2-5-2-18)
  • 5歳(5-3-3-30)
  • 6歳(1-2-2-26)
  • 7歳以上(2-0-3-27)

前走G1組が安定の強さ

古馬G1へのステップレースでもあるだけに前走G1組が強いレース。

  • 前走G1(6-4-7)
  • 前走G2(0-2-1)
  • 前走G3(2-1-1)
  • 前走OP(1-1-0)
  • 前走3勝(1-0-1)

中でも宝塚記念組は盤石で過去10年で5勝を挙げています


  • URLをコピーしました!
目次