得意の雨で豪脚一閃!ブローザホーンが初G1制覇! レース回顧はこちら

【2023関屋記念】一昨年覇者ロータスランドに善戦以上期待【レース予想】

当ページのリンクには広告が含まれています。
2023年関屋記念レース予想

早いものでサマーマイルシリーズももう第3弾の関屋記念。

第2弾の中京記念から1着セルバーグ、2着ディヴィーナなども続けて参戦し、舞台を新潟に移してに難解な1戦になりそうです。

エスキース

人気の差し2頭が内枠入って更に難しくなったかも…

目次

関屋記念の傾向

新潟芝1600mは7枠8枠がかなり有利ですが、この傾向は関屋記念でも同様です。

以下は過去10年の関屋記念の1~3着馬の枠番及び人気です。

着順馬番馬名人気
2022年1着7枠12番ウインカーネリアン1人
2着4枠6番シュリ12人
3着5枠8番ダノンザキッド2人
2021年1着3枠6番ロータスランド4人
2着7枠13番カラテ6人
3着6枠11番ソングライン1人
2020年1着8枠17番サトノアーサー4人
2着8枠18番トロワゼトワル8人
3着2枠3番アンドラステ1人
2019年1着7枠13番ミッキーグローリー1人
2着7枠14番ミエノサクシード6人
3着3枠6番ソーグリッタリング4人
2018年1着7枠12番プリモシーン1人
2着6枠10番ワントゥワン5人
3着3枠4番エイシンティンクル3人
2017年1着2枠3番マルターズアポジー7人
2着8枠15番ウインガニオン4人
3着5枠10番ダノンリバティ5人
2016年1着8枠17番ヤングマンパワー3人
2着6枠12番ダノンリバティ7人
3着4枠7番マジックタイム1人
2015年1着8枠12番レッドアリオン2人
2着4枠4番マジェスティハーツ6人
3着7枠10番ヤングマンパワー9人
2014年1着7枠13番クラレント4人
2着4枠7番ダノンシャーク1人
3着1枠1番サトノギャラント6人
2013年1着1枠1番レッドスパーダ4人
2着8枠16番ジャスタウェイ1人
3着2枠3番レオアクティブ3人
関屋記念過去10年の1~3着馬

過去10年の枠番ごとの通算成績と勝率と連対率は以下になります。

  • 1枠(1-0-1-15) 勝率5.9% 連対率5.9%
  • 2枠(1-0-2-15) 勝率5.6% 連対率5.6%
  • 3枠(1-0-2-16) 勝率5.3% 連対率5.3%
  • 4枠(0-3-1-15) 勝率0.0% 連対率15.8%
  • 5枠(0-0-2-18) 勝率0.0% 連対率0.0%
  • 6枠(0-2-1-17) 勝率0.0% 連対率10.0%
  • 7枠(4-2-1-16) 勝率17.4% 連対率26.1%
  • 8枠(3-3-0-18) 勝率12.5% 連対率25.0%

過去10年で、7枠と8枠だけで7勝を挙げており勝率、連対率共に抜けている事がわかります。

今回この枠に入ったのは

  • 7枠13サクラトゥジュール
  • 7枠14ロータスランド
  • 8枠15アナザーリリック
  • 8枠16ラインベック
  • 8枠17ビューティフルデイ

の5頭です。いずれも実力馬なので迷っている馬などがいれば評価をアップさせてもいいかもしれませんね。

また、比較的人気馬の信用度の高いレースでもあり、1番人気が(3-2-3-2)勝率30%、連対率50%と安定しています。人気薄がくるパターンは逃げと先行がほとんどで、差しなら6番人気以内には入っておきたいところ。

今回1番人気が予想されるのは1ディヴィーナでこちらのレースぶりにも注目です。

有力馬ピックアップ

◎ 14ロータスランド 

4歳時にはこの関屋記念で先行抜け出しからソングラインを破って優勝したこともある本馬。

6歳になって成績に陰りが見えてきたとはいえ、G1で健闘する姿は相変わらず。特に去年のマイルCSでは強豪相手にタイム差0.4秒、残り1ハロンまでは先頭に立っていたように8着という着順以上に頑張っていた。

ヴィクトリアマイルでみせたような逃げから京都牝馬Sのような追い込みまでできる自在性もある。

ただどうしても最後の1ハロンが甘くなりがちなので、直線で前の馬を目標にしながら脚を伸ばしたい。

今回は前がノルカソルカ→セルバーグと続きそうである程度流れそうなので、いつもの先行策の代わりに外枠を活かした差しの可能性もある。この辺りはテン乗りの内田博幸騎手の手腕に期待。

〇 1ディヴィーナ

テンションの高さが課題で大敗する時もがあるが(昨年の関屋記念等)、ここ2戦レースぶりが安定してきている。

  • 一気に突き抜けそうだったが致命的な不利があった「京都牝馬S」
  • ブービー人気ながら33.1の鬼脚で4着に来た「ヴィクトリアマイル」
  • 折り合いも上手くついて安定した末脚を発揮して2着の「中京記念」

この辺りを考えると、ここも当然主役級の扱いでおかしくはない。

ただ、やはり中団~後方が予想されるこの馬には最内枠が不安点。京都牝馬Sでは実際に1枠2番で、ものの見事に詰まって取りこぼしている。

もちろん上手く運べればロスのない競馬ができる枠だが、実力上位のこの馬にとっては負いたくもないリスクである事は確か。

また、ヴィクトリアマイルの走りを見る限り問題なさそうだが、得意の中京(4.2.0.1)から経験の少ない新潟(0.0.0.1)に変わるのもやや心配。

扱いが難しくなってしまった1頭。また近走は問題なかったとはいえ当日のテンションはしっかりチェックしておきたい。

▲ 5セルバーグ

今回1番人気が想定されるディヴィーナに勝ちながらおそらく人気はあまりなさそう。

今年に入っての成績は安定しており以下になる。

  • 4歳2勝クラス 中京1600m  1着
  • 武庫川S    阪神芝1600m  1着
  • 六甲S     阪神芝1600m  4着
  • 米子S     阪神芝1600m 12着
  • 中京記念    中京1600m  1着

勝負所で不利を受けた米子Sを除けばかなり安定しているし、きちんと勝ち切る1着が多い点も評価できる。

前走の逃げはファインプレーだが、前半45.9後半47.1で緩い逃げではなく後ろに脚を使わせ実力を見せた逃げ。

おそらくノルカソルカの後の2番手グループになるかと思うがこの位置からのレースも経験している。

上がりの早くなりがちな新潟が向いているかと言えば疑問だが、陣営の「秋の事は全く考えていない。ここに全力」という姿勢は買いたい。

△ 2アヴェラーレ

追い出してからの反応は若干遅いが、伸び始めると最後まで伸びてくる印象があるアヴェラーレ。

京王杯SCはまさにそんな感じのレースで惜しい4着。

3歳時に中山のNZTで大敗してからは、全て左回りを使い続け直線勝負に賭けてきただけあって新潟は合いそう。

ただ、この馬も1枠のディヴィーナと同じで内枠になった事で、スムーズに抜けてこれるかのリスクが付きまとう。

ディヴィーナ、アヴェラーレの内枠両頭がこのレースを難解にさせているのは間違いない。

△ 8ララクリスティーヌ

ララクリスティーヌは新潟(2.1.0.0)と新潟のスピード競馬にも対応している実績がある点が強み。

どちらかというと1400mを中心としてきた馬で、レースぶりもインパクトのあるものより立ち回りの上手さからくるそつのないレースをするイメージ。

ヴィクトリアマイルの大敗は「ずっと力んで走っていた事と馬場の悪さ」を敗因に挙げており、見直すことはできる。

そこまで個人的な評価が高い1頭ではないが、新潟適正と安定感でディヴィーナよりこちらが1番人気になる可能性もでてきており、そうなった場合関屋記念の1番人気の好走率からあまり軽視したくない。

2023関屋記念暫定予想(土曜日時点)

土曜時点では2頭のどちらかで決めかねている。すんなりいけばディヴィーナだと思っているのだけれど内枠はやはり怖い。

人気は割れ気味で紐も手広く買えそうではあるが、そもそもの買い方含めもう少し考えたいです。

◎ロータスランド
〇ディヴィーナ

△アヴェラーレ
△セルバーグ
△ララクリスティーヌ
△ラインベック
穴サクラトゥジュール

想定ペース ハイ寄りのミドル

2023関屋記念最終予想(日曜日更新予定)

日曜13時点でロータスランドが5番人気、ディヴィーナ3番人気でこれらならロータスランドを取りたい。ここまで割れるなら単勝も少々買いたい。

馬場状態から前もそこそこやれそうでセルバーグの評価も少し上げた。

後は本命がこの人気ならもう少し広げてもいいかなということで外枠、平坦得意の△アナザーリリックも追加。しかしこの馬現時点で2番人気でいくら何でも人気し過ぎでは?とも思う…

どうも最近オッズが読みにくいですね。

◎ロータスランド
〇ディヴィーナ
▲セルバーグ
△アヴェラーレ
△ララクリスティーヌ
△ラインベック
△アナザーリリック
穴サクラトゥジュール

想定ペース ハイ寄りのミドル


中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

  • URLをコピーしました!
目次