得意の雨で豪脚一閃!ブローザホーンが初G1制覇! レース回顧はこちら

【新潟芝1600m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
札幌芝1600m コースの特徴・傾向

新潟競馬場は内回りコースと外回りコースが用意されている左回りの競馬場です。外回りコースは1周距離2223m、直線距離658.7mは共に日本の競馬場で最長です。

その他にも直線1000mでレースが行われるなどかなりユニークな競馬場になっています。

Keibit

ここでは新潟競馬場の芝1600mの特徴や傾向をコース図を交えて解説していきます。

目次

新潟芝1600mのコースの特徴

新潟芝1600m 左
コース形態
新潟芝1600m外回り高低図
高低断面図

新潟芝1600mはかなり大きな外回りコースを使用

コース形態図を見てもらえばわかるように、新潟芝1600mはかなり大きな外回りのコースを使用します。

向こう正面半ばからのスタートで、まず3コーナーまで約550mほどの直線を走ることになります。ここには高低差2.2mほどの緩やかな坂がある点にも注意。

3コーナーからは4コーナーには緩やかな下り坂があり、各馬スピードに乗った状態で直線に向かいます。

最後は日本最長の658.7mの直線が待っている

外回りの直線距離はなんと658.7m!これは東京よりも130mほど長く日本最長の直線です。

坂もなく平坦で上がり勝負になりやすく、脚をここまででしっかり溜めれているかがポイントになります。

オール野芝のためタイムが出やすい

馬場についても大きな特徴があります。それは新潟競馬場の芝が1年中「オール野芝」で開催される唯一の競馬場だという事です。

野芝とは…

野芝は、日本で主に使われる芝で「ほふく茎」が地表付近を覆うように広がるため、馬が地面を蹴りやすくスピードが出やすいのが特徴。そのためクッション性は低く(クッション値は高くなる)、保水量は少なくなる。

また、洋芝と比べて耐久性が高く馬場が痛みにくいのも特徴。

本来、野芝は秋~冬は枯れて黄色くなるため、見た目の問題もあり野芝の上に洋芝をオーバーシードするのですが、新潟競馬場は夏のみの開催となるため「オール野芝」で大丈夫というわけです。

要は、「新潟競馬場はスピードが出やすくタイムが出やすい競馬場」と覚えておくと良いでしょう。一方、雨が降ると保水量の低さから洋芝より水たまりができやすく滑りやすくなるので注意が必要です。

新潟芝1600mで注目の枠順・脚質

枠順はかなり明確で外枠が有利です。勝率は「8枠」が特によく、次いで「7枠」、「6枠」と続きますまた複勝率なら「6枠」がかなり優秀です。

脚質は、直線がかなり長いためか「差し」も届くコースになっています。実力のある差し馬がいるなら信頼してもいいコースです。

ただ逃げ・先行が駄目という事はなく、脚質のみで評価をあまり上げ下げしないほうがよいでしょう。

枠順8枠・7枠・6枠
脚質先行・差し
2019年1月1日~2022年12月31日

新潟芝1600mデータ詳細

コース左回り
一周距離(外回り)Aコース:2223m Bコース:2248.1m
直線距離(外回り)658.7m
高低差(外回り)2.2m
コースレコード1:31.5(ドナウブルー 2012関屋記念) 
2023年8月4日時点

新潟芝1600mで開催される代表的なレース

  • 関屋記念(G3)
  • 新潟2歳ステークス(G3)

新潟芝1600mで行われるレースにはサマーマイルシリーズの関屋記念(G3)や新潟2歳ステークス(G3)があります。

新潟2歳ステークスは直線の長さや1600mという距離もあり、過去の勝ち馬にはハープスター、近年ではセリフォスといったG1馬も名を連ねる注目のレースです。

関屋記念の傾向

新潟芝1600mは7枠8枠がかなり有利ですが、この傾向は関屋記念でも同様です。

着順馬番馬名人気
2022年1着7枠12番ウインカーネリアン1人
2着4枠6番シュリ12人
3着5枠8番ダノンザキッド2人
2021年1着3枠6番ロータスランド4人
2着7枠13番カラテ6人
3着6枠11番ソングライン1人
2020年1着8枠17番サトノアーサー4人
2着8枠18番トロワゼトワル8人
3着2枠3番アンドラステ1人
2019年1着7枠13番ミッキーグローリー1人
2着7枠14番ミエノサクシード6人
3着3枠6番ソーグリッタリング4人
2018年1着7枠12番プリモシーン1人
2着6枠10番ワントゥワン5人
3着3枠4番エイシンティンクル3人
2017年1着2枠3番マルターズアポジー7人
2着8枠15番ウインガニオン4人
3着5枠10番ダノンリバティ5人
2016年1着8枠17番ヤングマンパワー3人
2着6枠12番ダノンリバティ7人
3着4枠7番マジックタイム1人
2015年1着8枠12番レッドアリオン2人
2着4枠4番マジェスティハーツ6人
3着7枠10番ヤングマンパワー9人
2014年1着7枠13番クラレント4人
2着4枠7番ダノンシャーク1人
3着1枠1番サトノギャラント6人
2013年1着1枠1番レッドスパーダ4人
2着8枠16番ジャスタウェイ1人
3着2枠3番レオアクティブ3人
関屋記念過去10年の1~3着馬

過去10年の枠番ごとの通算成績と勝率と連対率は以下になります。

  • 1枠(1-0-1-15) 勝率5.9% 連対率5.9%
  • 2枠(1-0-2-15) 勝率5.6% 連対率5.6%
  • 3枠(1-0-2-16) 勝率5.3% 連対率5.3%
  • 4枠(0-3-1-15) 勝率0.0% 連対率15.8%
  • 5枠(0-0-2-18) 勝率0.0% 連対率0.0%
  • 6枠(0-2-1-17) 勝率0.0% 連対率10.0%
  • 7枠(4-2-1-16) 勝率17.4% 連対率26.1%
  • 8枠(3-3-0-18) 勝率12.5% 連対率25.0%

過去10年で、7枠と8枠だけで7勝を挙げており勝率、連対率共に抜けている事がわかります。必ず枠はチェックしておきましょう。

また、比較的人気馬の信用度の高いレースでもあり、1番人気が(3-2-3-2)勝率30%、連対率50%と安定しています。


中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

  • URLをコピーしました!
目次