世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【新潟芝2000m(外回り)】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

新潟芝2000m(外回り) コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

新潟競馬場は内回りコースと外回りコースが用意されている左回りの競馬場です。外回りコースは1周距離2223m、直線距離658.7mは共に日本の競馬場で最長です。

その他にも直線1000mでレースが行われるなどかなりユニークな競馬場になっています。

Keibit

ここでは新潟競馬場の芝2000m(外回り)の特徴や傾向をコース図を交えて解説していきます。

スポンサーリンク
目次

新潟芝2000m(外回り)のコースの特徴

新潟競馬場の芝2000mのコースには外回りと内回りの2種類が存在します。

今回紹介するのは、外回りコースは3勝クラス以上や重賞競走などの上級クラスで使用されます。

新潟芝1600m(外回り) 左
コース形態
新潟芝2000m外回り高低図
高低図

スタートから3コーナーまでは約950mの直線

新潟芝2000m(外回り)は向こう正面からのスタートで、3コーナーまで約950mもの直線を走ることになります。ここには高低差2.2mほどの緩やかな坂があります。

コーナーまでかなり猶予があるため激しいポジション争いは発生しにくくスローペースになりやすい傾向にあります。

その後、3コーナーからは4コーナーには緩やかな下り坂があり、各馬スピードに乗った状態で直線に向かいます。

日本最長の658.7mの直線

外回りの直線距離は日本最長の658.7mという長さです。これは東京よりも130mほど長く、かなり見ごたえがあります。

坂もなく平坦で上がり勝負になりやすく、脚をここまででしっかり溜めれているかがポイントになります。

オール野芝のためタイムが出やすい

馬場についても大きな特徴があります。それは新潟競馬場の芝が1年中「オール野芝」で開催される唯一の競馬場だという事です。

野芝とは…

野芝は、日本で主に使われる芝で「ほふく茎」が地表付近を覆うように広がるため、馬が地面を蹴りやすくスピードが出やすいのが特徴。そのためクッション性は低く(クッション値は高くなる)、保水量は少なくなる。

また、洋芝と比べて耐久性が高く馬場が痛みにくいのも特徴。

本来、野芝は秋~冬は枯れて黄色くなるため、見た目の問題もあり野芝の上に洋芝をオーバーシードするのですが、新潟競馬場は夏のみの開催となるため「オール野芝」で大丈夫というわけです。

要は、「新潟競馬場はスピードが出やすくタイムが出やすい競馬場」と覚えておくと良いでしょう。一方、雨が降ると保水量の低さから洋芝より水たまりができやすく滑りやすくなるので注意が必要です。

新潟芝2000m(外回り)で注目の枠順・脚質

枠順は「8枠」の成績が抜けて良く、次いで「2枠」が続きます内外離れた枠に入った時は要注目になります。

脚質は「先行」差し」が有利で、「逃げ」の成績が良くありません。

これは直線が長いことももちろんありますが、新潟芝2000m(外回り)が古馬3勝クラスや重賞競走などの上級クラスで使われることが大きな理由です。

下級条件では能力にバラつきがあり、能力の違いで逃げてそのまま押し切るパターンがよく受けられますが、上級クラスでは簡単に逃げ切ることは難しくなります。

広い競馬場のワンターンコースという事もあり、比較的実力の反映されやすい条件になります。

枠順8枠・2枠
脚質先行差し
2019年1月1日~2022年12月31日

新潟芝2000m(外回り)データ詳細

コース左回り
一周距離(外回り)Aコース:2223m Bコース:2248.1m
直線距離(外回り)658.7m
高低差(外回り)2.2m
コースレコード1.56.4(ツジノワンダー 2001 NiLS21S)基準タイム 
2023年8月4日時点

新潟芝2000m(外回り)で開催される代表的なレース

  • 新潟大賞典(G3)
  • 新潟記念(G3)

新潟芝2000m(外回り)で行われるレースには、ハンデ戦で波乱決着の多い新潟大賞典(G3)や、サマー2000シリーズの最終戦の新潟記念(G3)があります。

新潟記念の傾向

着順馬名性齢上がり
2022年 良1着3カラテ牡633.3
2着8ユーキャンスマイル牡733.0
3着8フェーングロッテン牡333.9
2021年 良1着8マイネルファンロン牡633.4
2着8トーセンスーリヤ牡633.9
3着7クラヴェル牝433.7
2020年 良1着8ブラヴァス牡432.6
2着3ジナンボー牡533.1
3着8サンレイポケット牡532.4
2019年 良1着4ユーキャンスマイル牡433.6
2着3ジナンボー牡433.9
3着3カデナ牡533.6
2018年 良1着1ブラストワンピース牡333.5
2着4メートルダール牡533.6
3着4ショウナンバッハ牡733.9
2017年 良1着1タツゴウゲキ牡534.6
2着6アストラエンブレム牡434.1
3着4カフジプリンセス牡434.2
2016年 良1着8アデイインザライフ牡532.7
2着7アルバートドック牡433.2
3着6ロンギングダンサー牡733.1
2015年 稍重1着2パッションダンス牡734.3
2着3マイネルミラノ牡534.6
3着2ファントムライト牡634.2
2014年 良1着7マーティンボロ牡534.2
2着8クランモンタナ牡534.6
3着7ラストインパクト牡434.0
2013年 稍重1着3コスモネモシン牝634.2
2着6エクスペディション牡634.7
3着5ファタモルガーナセ534.8
新潟記念過去10年の成績

まずは枠順による傾向から見ていきましょう。

  • 1枠(2-0-0-16)
  • 2枠(1-0-1-16)
  • 3枠(2-3-1-13)
  • 4枠(1-1-2-16)
  • 5枠(0-0-1-19)
  • 6枠(0-2-1-17)
  • 7枠(1-1-2-22)
  • 8枠(3-3-2-20)

勝率・連対率・複勝率の全て優秀なのが3枠8枠です。新潟開催最終週ということで馬場の綺麗な所を走れる8枠が優秀なのは間違いないですが、1枠も2勝しているように立ち回り次第で何とかできる印象です。

また新潟は瞬発力が求められる競馬場です。1~3着まで上がり3ハロンを各年で比較すると…

  • 32秒~33秒台決着:6回
  • 34秒台決着 :4回(内2回は稍重)

となり良馬場だとかなりの確率で32~33秒台での決着となります。


中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

  • URLをコピーしました!
目次