世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【阪神芝1200m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

阪神芝1200mコースの特徴・傾向
スポンサーリンク

阪神競馬場は外回りの1周の長さは2089mにもなり東京競馬場を上回る日本最大距離の競馬場です。

Keibit

この記事では阪神競馬場の芝1200mの特徴や傾向をコース図を交えて解説していきます。

スポンサーリンク
目次

阪神芝1200mのコースの特徴

阪神芝1200m(内回り) 右
コース形態
阪神芝1200m(内回り)高低図 右
高低図

最後の急坂まで下り坂が続くスピードが乗りやすいコース

阪神芝1200mは内回りコースを使用します。

向こう正面半ばからのスタートとなり、250m程度ですぐに3コーナーを迎える事になります。

「3~4コーナーから直線半ばにかけて緩やかな下り坂が続くこと」「内回りからの直線は356.5mと短いこと」の2つのポイントから逃げ・先行馬がスピードに乗って押し切りやすいコースです。

なおゴール前には阪神競馬場の名物でもある高低差1.8mの急坂があります。高低差はそれほどではありませんが、勾配は1.5%とかなりきつめです。

コース右・内回り
一周距離Aコース:1689m Bコース:1713.2m
直線距離(内回り)Aコース:356.5m Bコース:359.1m
高低差(内回り)Aコース:1.9m Bコース:1.9m
コースレコード1:06.7(タワーオブロンドン 2019 セントウルS)
2023年9月5日時点

阪神芝1200mで注目の枠順・脚質

枠順は「2枠」「5枠」成績が優秀で、複勝率ならば「3枠」も優秀。また外枠は不利となっています。

脚質は下り坂でスピードが乗りやすく「逃げ」・「先行」の早め押し切りが強いコースとなっています。

ただ上のクラスになると、外から差してくるパターンも見受けられます。そのため重賞などでは差しを軽視するのは危険です。

枠順2枠・5枠
脚質先行逃げ
2019年1月1日~2022年12月31日
Keibit

上のクラスで差しが台頭してくるのは、多くの競馬場に共通する傾向でもあります。

阪神芝1200mで開催される代表的なレース

  • セントウルS(G2)
  • マーガレットS(リステッド)
  • タンザナイトS(OP)

阪神芝1200mで開催される代表的なレースはセントウルSです。セントウルSはサマースプリントシリーズの最終戦なのですが、それよりも10月に行われるスプリンターズSの前哨戦という一面のほうが大きいです。

ここ最近の勝ち馬だけ見てもメイケイエール、レシステンシア、ダノンスマッシュ、タワーオブロンドンなど名馬がずらりと名を連ねています。

セントウルSの傾向

着順馬名人気オッズ
2022年
(中京)
1着4枠メイケイエール1人気1.7
2着8枠ファストフォース6人気20.7
3着5枠サンライズオネスト4人気13.4
2021年
(中京)
1着4枠レシステンシア1人気1.9
2着8枠ピクシーナイト2人気4.6
3着7枠クリノガウディー4人気10.3
2020年
(中京)
1着8枠ダノンスマッシュ1人気3.0
2着2枠メイショウグロッケ12人気67.6
3着4枠ミスターメロディ2人気4.1
2019年1着5枠タワーオブロンドン1人気2.7
2着5枠ファンタジスト7人気17.8
3着4枠イベリス3人気5.2
2018年1着8枠ファインニードル1人気3.4
2着2枠ラブカンプー2人気3.9
3着7枠グレイトチャーター7人気20.0
2017年1着5枠ファインニードル1人気3.1
2着4枠ラインミーティア6人気19.3
3着8枠ダンスディレクター4人気8.2
2016年1着1枠ビッグアーサー1人気2.1
2着7枠ネロ2人気4.8
3着7枠ラヴァーズポイント9人気53.5
2015年1着3枠アクティブミノル10人気48.0
2着8枠ウリウリ1人気3.4
3着4枠バーバラ5人気15.3
2014年1着1枠リトルゲルダ4人気7.8
2着8枠ハクサンムーン1人気2.5
3着2枠エピセアローム2人気5.3
2013年1着8枠ハクサンムーン2人気4.4
2着6枠ロードカナロア1人気1.4
3着4枠ドリームバレンチノ3人気10.5
セントウルS過去10年

セントウルSの傾向で最もわかりやすいのが1番人気の好走率が高いという事です。

  • 1番人気(7-3-0-0)
  • 2番人気(1-3-2-4)
  • 3番人気(0-0-2-8)

過去10年で1番人気は完全連対。ここ7年でみると7連勝という驚愕のデータです。中京開催だった年を除いても(4-3-0-0)とその優位性は変わらず、1番人気を軽視するわけにはいかないレースです。

次に枠番での傾向ですが、2020~2022年は中京での開催だったので2013~2019年までの7年間のデータで見ると…

  • 1枠(2-0-0-6)
  • 2枠(0-1-1-8)
  • 3枠(1-0-0-11)
  • 4枠(0-1-3-10)
  • 5枠(2-1-0-11)
  • 6枠(0-1-0-13)
  • 7枠(0-1-2-11)
  • 8枠(2-2-1-10)

1枠8枠の勝率の高さが魅力になります。特に「8枠」は連対率や複勝率も優秀なので要注目の枠となります。

セントウルSでは1番人気の成績が絶大!枠は「1枠・8枠」が好成績で注目!

その他の阪神競馬場のコースの特徴と傾向


中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

  • URLをコピーしました!
目次