2強対決!開幕週のスピード対決を制するのは… マイラーズカップのレース予想はこちら

【弥生賞】クラシック候補の素質馬が集結!最高評価を下したのはこの馬!【レース予想】

弥生賞2024 レース予想

今年の弥生賞は早くからクラシック候補として名が挙げられていたシンエンペラー、ダノンエアロック、トロヴァトーレといった素質馬をはじめとした豪華メンバーが揃いました。

前哨戦ではありますがここで好走した馬は本番でも優勝候補の1頭になりそうな雰囲気。

ここでは2024年の弥生賞のレース予想をしていきます。

Keibit

去年の勝ち馬タスティエーラは皐月賞2着、ダービー1着とほぼ完璧な成績でクラシック戦線で大活躍しました。

目次

弥生賞のコース形態

以下は弥生賞が行われる中山芝2000mのコース図と高低図です。

中山芝2000m コース形態
コース形態
中山芝2000m 高低図
高低図

中山芝2000mは「内回り」コースを使用します。

東京などの広いコースとは違って小回りで4つのコーナーを回る事から、器用さの求められるコースとなっています。

スタートは直線入り口からで最初のコーナーまで約400mと長め。そのため外枠の不利はそこまでありません。

また中山の直線には急坂(高低差2.2m、最大勾配2.24%)があり、これを上りながらのポジション争いとなるの消耗が激しくなります。

2コーナーからは下り坂となりますが、ここでスピードを出し過ぎると最後の坂でバテてしまいます。多くの騎手はそれを理解しているので、道中のペースは比較的ゆったりとした流れになりやすい傾向にあります。

好位から抜け出す瞬発力とパワーを持ち合わせた馬が活躍しやすい舞台になります。

より詳しいコースの特徴については以下の記事を参考にしてみて下さい。

有力馬ピックアップ

有力馬ピックアップ

評価SS ダノンエアズロック

セレクトセールで4億5000万という超高額馬で新馬戦の前からすでに大きな話題になっていた馬。

注目の新馬戦が他馬より1馬身は前に出る絶好のスタートから2番手で難なく折り合う。追い出してからはダイナミックな走りで11/4馬身差の勝利。

しっかり追われてのレースだったので楽勝という印象はそこまでだが中身が優秀。この時の勝ちタイムは1:48.1で後に皐月賞馬ジオグリフ1.48.2を上回り、6月の東京芝1800mの新馬戦では歴代最高のタイム。これを小雨の稍重で出したのだから期待は高まる。

なおこの時の4着はこのレースにも出走予定だったサンライズジパング

2戦目アイビーSも絶好のスタートは相変わらず。逃げたホウオウプロサンゲが33.2の上がりを使う瞬発力戦を2番手追走から32.7の脚を使って完勝。3着はホープフルSで外から圧巻の脚を見せて勝ったレガレイラだった。

レガレイラは3番手で位置取りの差も出た感じだが、このクラスと勝ち負けできている時点でかなりの高評価に値する。

前走20キロ増えた馬体は成長を感じさせたし、スタートセンスも抜群で折り合いも問題なし。新馬戦のようなスピードの持続力を問われるようなレースから、瞬発力を問われたアイビーSのようなレースまで対応できた点を考えて最上位の評価に。

不安点を挙げるとするなら、前哨戦でどの程度仕上げてくるかという点くらい。

評価S シンエンペラー

シンエンペラーはG1ホープフルSの2着の実力もだが、東京・京都・中山と異なる3場で好成績を残しているように実力を発揮する場を問わない点を高く評価したい。

一雨振ってタフ寄りになった今の馬場も凱旋門賞馬ソットサスの全弟であるこの馬にとってはプラス。

前走ホープフルSは暮れの中山にしては馬場状態が良好で切れ味のある馬に屈したが、ここは大きく崩れそうにないのではないかと思っています。

今回初めて騎乗する川田騎手も全面的に信頼。

評価S トロヴァトーレ

素質ならこの馬も負けていない。

前走葉牡丹賞は最内の中団で上手く脚を溜めていたように小回りコースの適正は十分。また強烈なのは追い出してから馬群を一気に割ってきた瞬発力でこちらは陣営も高評価。

手綱をとったW.ビュイック騎手の「ダービー候補の1頭」という評価。この言葉をどこまで本気にとるかというところだが、伸びしろはかなりありそう。

シンエンペラーは色んな競馬場を経験しているのが強みだが、この馬はこの馬で中山芝2000mという条件を使い続けてきた強みがあるし、今回動きやすそうな枠に入ったのも〇。

展開が瞬発力勝負に向くなら浮上する1頭で、当日の馬場状態があまりパワー馬場に寄っていないなら評価をあげてもいいかも。

評価A ファビュラススター

新馬戦では東京の稍重馬場で5番手から33.9の脚を使っての勝利。この時の4着は後に京成杯を勝つダノンデサイル(10番手追走と後方すぎたが…)。

また前走1勝クラスはクビ差の勝利だが勝ちタイムが1:59.8と優秀。このタイムはマカヒキの弥生賞レコード1:59:9を上回るもの。もちろん勝ちタイムだけで単純に能力は測れないが、このレースかなり内にヨレて追いづらい中でのものだったことは付け加えておきたい。

新馬戦は左にヨレておりまだまだ若さを見せるが、力関係がはっきりしていないこの時期ならどこに素質馬が潜んでいてもおかしくない。

過去10年で5勝を挙げている「8枠」というのも追い風。

弥生賞レース予想

レース予想
エスキース

基本は◎からの馬連で。単勝はオッズを見ながらおいしそうならという感じ。前売りで3番人気というのは絶妙に狙われやすいので、当日結局逆転しそうな気もしています。

◎ダノンエアズロック
〇シンエンペラー
▲トロヴァトーレ
△ファビュラススター

馬連:◎ー〇▲△
単勝:◎(オッズがつけば)

想定ペース:ミドルペース

Keibit

最後まで読んでくださりありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次