世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【中山芝2000m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

中山芝2000m コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

中山競馬場は内回りコースと外回りコースが用意されている右回りの競馬場です。

特に外回りコースはおむすび型の特徴的なコースになっており、主要4場の中でも得意不得意の差が出やすい競馬場です。

Keibit

ここでは、中山競馬場の芝2000mの特徴や傾向について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

中山芝2000mのコースの特徴

中山芝2000m コース形態
コース形態
中山芝2000m 高低図
高低図

器用さが求められる内回りコース

中山芝2000mは「内回り」コースを使用します。

東京などの広いコースとは違って小回りで4つのコーナーを回る事から、器用さの求められるコースとなっています。

スタートは直線入り口からで最初のコーナーまで約400mと長め。そのため外枠の不利はそこまでありません。

しかし、中山の直線には急坂(高低差2.2m、最大勾配2.24%)があり、これを上りながらのポジション争いとなるの消耗が激しくなります。

2コーナーからは下り坂となりますが、ここでスピードを出し過ぎると最後の坂でバテてしまいます。多くの騎手はそれを理解しているので、道中のペースは比較的ゆったりとした流れになりやすい。

最後は二度目となる急坂越え

最後の直線は310mという短いですが、このコース二度目となる急坂が最後の最後に待っています。

スピード能力が求められやすい日本の競馬場ですが、中山では比較的パワーやスタミナが求められやすいコースとなります

向こう正面から直線までは平坦なため、4コーナーまでに先に位置を押し上げて行く馬もいたりとスパートのタイミングなどの駆け引きも見所。

開催時期や馬場状態で傾向がガラリと変わる

距離問わず中山の芝コースで気をつけたいのが、開催時期による馬場状態の変化です。

中山競馬場は開催時期も多く、「9月の野芝主体とした時期」や、「12月~4月の野芝の上に洋芝をオーバーシードしている時期」などによって馬場の傾向が大きく変わります。

9月の中山開催12月~4月の中山開催
野芝主体野芝+洋芝
傾向高速決着でスピード馬有利時計がかかりパワー型有利
有利な脚質逃げ・先行差しも浮上

先程中山はパワーやスタミナが求められる競馬場と解説しましたが、開催時期によっては高速馬場に対応できるスピード適正が求められることがあるので注意しましょう。

Keibit

パワー型の馬とスピード型の馬。開催時期によってどちらを優先させるかが重要となるコースです。

中山芝2000mデータ詳細

コース右回り
一周距離(内回り)Aコース:1667.1m Bコース:1686m Cコース:1704.8m
直線距離(内回り)310m
高低差(内回り)5.3m
コースレコード1:57.8(ラブリーデイ 2015 中山金杯) 
2024年1月2日時点

中山芝2000mで注目の枠順・脚質

中山芝2000mでは「4枠」「6枠」が勝率、連対率、3着以内率が高く注目の枠になります。

一見すると小回りで4つのコーナーを回ってくるので内枠が良さそうですが、1~3枠は成績が振るわないので注意です。

脚質は「先行」「差し」が安定しています。

枠順4枠・6枠
脚質差し・先行
2019年1月~2023年12月(243レース)

中山芝2000mで開催される代表的なレース

  • 皐月賞(G1)
  • ホープフルS(G1)
  • 弥生賞ディープインパクト記念(G2)
  • 紫苑S(G2)
  • 中山金杯(G3)
  • 京成杯(G3)

中山芝2000mの代表的なレースは「皐月賞」です。3歳牡馬クラシックの第1戦でもっとも速い馬が勝つと言われているレースです。有力馬達が初めてこの舞台で顔を合わせる事も多く、難解ですが予想し甲斐のあるレースです。

他にも2歳G1のホープフルSや一年の初めの重賞となる中山金杯など数多くのレースが施行されるのが中山芝2000mです。

その他の中山競馬場のコース

  • URLをコピーしました!
目次