世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【中山芝2200m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

中山芝2200m コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

中山競馬場は内回りコースと外回りコースが用意されている右回りの競馬場です。

特に外回りコースはおむすび型の特徴的なコースになっており、主要4場の中でも得意不得意の差が出やすい競馬場です。

Keibit

本記事では、中山競馬場の芝2200mの特徴や傾向について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

中山芝2200mのコースの特徴

コース形態
高低図

起伏の激しいコース

中山芝2200mはおむすび型の形状の「外回り」コースを使用します。

以下はスタートからゴールまでの大まかな流れになります。

  • スタート後に中山名物の急坂(直線約430m)
  • 更に2コーナー入り口まで上り坂
  • 3コーナ途中まで続く下り坂
  • 直線半ばまでの平坦箇所
  • 最後にもう一度急坂を上ってゴール(直線310m)

このように急坂2回を含むかなり起伏の激しいコースになります。

直線の坂は、高低差2.2m、最大勾配2.24%の急坂で、その勾配は全10場で最大になります。

2コーナー入り口までの上り坂を合わせると高低差は5.3mになり、こちらも全10場で最大の高低差になります。

ロングスパート戦になりやすい

「3コーナー途中まで続く下り坂」と「310mという短い直線」もあってか、早めに仕掛けていく馬も多くロングスパート戦になることが多いのが特徴。

早め先頭で押し切ることもあったり、最後の坂で力尽きて一気に形勢が変わったりとスパートのタイミングも問われるコースです。

Keibit

その年の気候によっても野芝の状態は大きく変わってくるので注意。

開催時期や馬場状態で傾向がガラリと変わる

距離問わず中山の芝コースで気をつけたいのが、開催時期による馬場状態の変化です。

中山競馬場は開催時期も多く、「9月の野芝主体とした時期」や、「12月~4月の野芝の上に洋芝をオーバーシードしている時期」などによって馬場の傾向が大きく変わります。

9月の中山開催12月~4月の中山開催
野芝主体野芝+洋芝
傾向高速決着でスピード馬有利時計がかかりパワー型有利
有利な脚質逃げ・先行差しも浮上

ただこの傾向は、前述したように各馬のスパートするタイミングに大きく左右されます。高速決着で前が有利と思っていても、途中から一斉に動き出して持久戦になるということもよくあるコースです。

出走馬の脚質などや陣営のコメントなどもよく確認しておきましょう。

野芝とは…

野芝は、日本で主に使われる芝で「ほふく茎」が地表付近を覆うように広がるため、馬が地面を蹴りやすくスピードが出やすいのが特徴。そのためクッション性は低く(クッション値は高くなる)、保水量は少なくなる。

また、洋芝と比べて耐久性が高く馬場が痛みにくいのも特徴。

中山芝2200mで注目の枠順・脚質

中山芝2200mでは「1枠」が抜けて成績がよく、注目の枠になります。

外回りのおむすび型のコースはカーブの占める割合が多く、外々を回らされる形になるときつくなります。

脚質は直線の短い中山だけあって、やはり「逃げ」「先行」が中心になります。先行力のある馬は素直に評価できます。

枠順1枠
脚質逃げ先行
2019年1月1日~2022年12月31日(68レース)

中山芝2200mデータ詳細

コース右回り
一周距離(外回り)Aコース:1839.7m Bコース:1858.5m Cコース:1877.3m
直線距離(外回り)310m
高低差(外回り)5.3m
コースレコード2:10.1(コスモバルク 2004 セントライト記念) 
2023年9月13日時点

中山芝2200mで開催される代表的なレース

  • AJCC(G2)
  • セントライト記念(G2)
  • オールカマー(G2)

中山2200mで行われる重賞レースは3つあり、全てがG2です。

特に秋に開催されるセントライト記念やオールカマーはその後のG1に繋がる重要レースになります。

AJCCの過去10年のデータと傾向

着順馬名前走前着順中山実績
20231着ノースブリッジ天皇賞秋11着1-0-0-1
2着エヒトチャレンジC3着0-0-0-1
3着ユーバーレベーンJC10着0-0-1-0
2022
1着キングオブコージ中日新聞杯5着2-0-0-1
2着マイネルファンロン中日新聞杯17着2-1-2-2
3着ボッケリーニ中日新聞杯4着0-0-0-0
20211着アリストテレス菊花賞2着0-0-0-0
2着ヴェルトライゼンテ菊花賞7着0-2-0-1
3着ラストドラフトアルゼンチン2着1-0-1-2
20201着ブラストワンピース凱旋門賞11着1-0-0-0
2着ステイフーリッシュチャレンジC10着0-1-1-0
3着ラストドラフト中日新聞杯2着1-0-0-2
20191着シャケトラ有馬記念6着1-0-0-1
2着フィエールマン菊花賞1着1-0-0-0
3着メートルダール中日新聞杯5着1-0-1-1
20181着ダンビュライトサンタクロー1着0-0-2-0
2着ミッキースワロー菊花賞6着2-0-0-1
3着マイネルミラノ中山金杯11着4-1-0-9
20171着タンタアレグリア天皇賞春4着0-0-0-2
2着ゼーヴィント福島記念2着2-1-0-0
3着ミライヘノツバサ迎春S1着4-1-1-0
20161着ディサイファ金鯱賞2着0-2-2-3
2着スーパームーンディセンバー2着0-2-1-2
3着ショウナンバッハJC12着0-0-0-2
20151着クリールカイザーステイヤーズ3着4-3-1-6
2着ミトラ福島記念1着4-0-0-0
3着エアソミュール金鯱賞3着1-0-0-1
20141着ヴェルデグリーン有馬記念10着4-1-0-3
2着サクラアルディート中山金杯9着0-0-0-2
3着フェイムゲームディセンバー6着2-0-0-4
AJCC過去10年の1~3着馬の前走と中山成績


別定戦の古馬G2だけあって前走別の成績を見るとG1組が過去10年で6勝と堅実な活躍を見せています。その他は横一線の印象ですがG3組の連対率も高めで注意したい臨戦過程となります。

  • G1【6-3-2-27】
  • G2【2-0-2-22】
  • G3【1-6-4-28】
  • OP【0-1-1-21】
  • 3勝【1-0-1-13】

この影響もあってか前走2桁着順からの巻き返す馬も目立ちます。過去10年の1~3着馬で前走2桁着順だった馬は13/30と多く、条件好転での巻き返しはしやすいレースとなります。

また中山実績のある馬にも注目しておきたいレース。22年マイネルファンロンは【2-1-2-2】11番人気で2着、18年マイネルミラノは【4-0-0-9】8番人気で3着、15年ミトラは【4-0-0-0】7番人気で2着と人気薄でも好走ケースが目立ちます。

中山巧者は人気薄でも一定の注意は払いたいレースとなります。

オールカマーの過去10年のデータと傾向

着順馬名前走前着順
20221着ジェラルディーナ小倉記念3着
2着ロバートソンキー日本海S1着
3着ウインキートス目黒記念3着
2021
1着ウインマリリン天皇賞春5着
2着ウインキートス札幌記念9着
3着グローリーヴェイズQE2世C2着
20201着センテュリオマーメイドS2着
2着カレンブーケドール京都記念2着
3着ステイフーリッシュ目黒記念3着
20191着スティッフィリオ宝塚記念7着
2着ミッキスワロー七夕賞1着
3着グレイル福島TVOP6着
20181着レイデオロドバイSC4着
2着アルアインQE2世C5着
3着ダンビュライト宝塚記念5着
20171着ルージュバックヴィクトリアM10着
2着ステファノス宝塚記念7着
3着タンタアレグリアAJC1着
20161着ゴールドアクター天皇賞春12着
2着サトノノブレス宝塚記念8着
3着ツクバアズマオー札幌日経OP4着
20151着ショウナンパンドラ宝塚記念3着
2着ヌーヴォレコルト宝塚記念5着
3着ミトラ中日新聞杯5着
20141着マイネルラクリマ七夕賞3着
2着ラキシスヴィクトリアM15着
3着クリールカイザー札幌日経OP4着
20131着ヴェルデグリーン新潟大賞典10着
2着メイショウナルト小倉記念1着
3着ダノンバラード宝塚記念2着
オールカマー過去10年の1~3着馬の前走


中長距離のG1を目指すステップレースとしての役割が大きいため、やはり前走G1出走馬の活躍が目立つレースになっています。

また前走G2よりG3の方が成績がいい点にも注目です。これは夏のG3を使った勢いで良績をあげる馬が多いからと推測されます。

  • 前走G1【6-5-3】
  • 前走G2【0-2-3】
  • 前走G3【4-2-1】
  • 前走OP【0-1-3】

その他の中山競馬場のコース


中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

  • URLをコピーしました!
目次