得意の雨で豪脚一閃!ブローザホーンが初G1制覇! レース回顧はこちら

【中山芝1200m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
中山芝1200m コースの特徴・傾向

中山競馬場は内回りコースと外回りコースが用意されている右回りの競馬場です。

特に外回りコースはおむすび型の特徴的なコースになっており、主要4場の中でも得意不得意の差が出やすい競馬場です。

Keibit

ここでは、中山競馬場の芝1200mの特徴や傾向について詳しく紹介していきます。

目次

中山芝1200mのコースの特徴

中山芝1200m コースの特徴・傾向
コース形態
中山芝1200m(外回り)高低図 右
高低図

道中はほぼ下り坂でペースは速くなりがち

中山芝1200mは外回りコースを使用します。

2コーナーの終わり付近、坂の頂上からのスタートなので道中がほとんど下り坂になります。更にスプリント戦なのでペースは速くなる傾向があります。

中山名物の最後の急坂は、高低差2.2m、最大勾配2.24%。その勾配は全10場で最大になります。

開催時期や馬場状態で傾向がガラリと変わる

距離問わず中山の芝コースで気をつけたいのが、開催時期による馬場状態の変化です。

中山競馬場は開催時期も多く、「9月の野芝主体とした時期」や、「12月~4月の野芝の上に洋芝をオーバーシードしている時期」などによって馬場の傾向が大きく変わります。

9月の中山開催12月~4月の中山開催
野芝主体野芝+洋芝
傾向高速決着でスピード馬有利時計がかかりパワー型有利
有利な脚質逃げ・先行差しも浮上

ただこの傾向は、前述したように各馬のスパートするタイミングに大きく左右されます。高速決着で前が有利と思っていても、途中から一斉に動き出して持久戦になるということもよくあるコースです。

出走馬の脚質などや陣営のコメントなどもよく確認しておきましょう。

野芝とは…

野芝は、日本で主に使われる芝で「ほふく茎」が地表付近を覆うように広がるため、馬が地面を蹴りやすくスピードが出やすいのが特徴。そのためクッション性は低く(クッション値は高くなる)、保水量は少なくなる。

また、洋芝と比べて耐久性が高く馬場が痛みにくいのも特徴。

中山芝1200mで注目の枠順・脚質

中山芝1200mで勝率・連対率・複勝率全てで「4枠」が1番です。次いで「7枠」、「1枠」と続きます。

開催時期によって内・外の有利が変わる競馬場なので、どちらのケースにも対応できる「4枠」が理想的なのかもしれませんね。

脚質に関してはどの脚質にも大きな優位性はありません。下り坂でスピードに乗ってそのまま逃げ勝ったり、最後の急坂で前が止まって差しが決まったり、展開次第でどの脚質も狙えるコースです。

枠順4枠・7枠・1枠
脚質
2019年1月1日~2022年12月31日(142レース)
Keibit

トラックバイアス(馬場状態の傾向)の変わりやすいコースでもあるので前日・当日のレース結果を重視してみると良いでしょう。

中山芝1200mデータ詳細

コース右回り
一周距離(外回り)Aコース:1839.7m Bコース:1858.5m Cコース:1877.3m
直線距離310m
高低差5.3m
コースレコード1:06.7(ロードカナロア 2012 スプリンターズS) 
2023年9月26日時点

中山芝1200mで開催される代表的なレース

  • スプリンターズS(G1)
  • オーシャンS(G3)

中山芝1200mの代表的なレースはG1のスプリンターズSです。
秋の最強スプリンターを決める重要な1戦で、2000年からは秋競馬の最初のG1として実施されています。

スプリンターズSの過去10年のデータと傾向

以下はスプリンターズSの過去10年の1~3着馬の馬の性別・年齢とコーナーの通過順位です。

着順馬名馬齢通過順位
22年1着ジャンダルム牡73-2
2着ウインマーベル牡38-9
3着ナランフレグ牡613-12
21年1着ピクシーナイト牡33-2
2着レシステンシア牝44-4
3着シヴァージ牡65-5
20年1着グランアレグリア牝415-15
2着ダノンスマッシュ牡54-4
3着アウィルアウェイ牝416-16
19年1着タワーオブロンドン牡411-8
2着モズスーパーフレア牝41-1
3着ダノンスマッシュ牡47-8
18年1着ファインニードル牡56-8
2着ラブカンプー牝32-2
3着ラインスピリット牡73-4
17年1着レッドファルクス牡611-10
2着レッツゴードンキ牡59-7
3着ワンスインナムーン牝41-1
16年1着レッドファルクス牡59-7
2着ミッキーアイル牡51-1
3着ソルヴェイグ牝32-4
15年1着ストレイトガール牝68-9
2着サクラゴスペル牡75-6
3着ウキヨノカゼ牝513-12
14年
新潟
1着スノードラゴン牡611-10
2着ストレイトガール牝59-10
3着レッドオーヴァル牝45-5
13年1着ロードカナロア牡57-5
2着ハクサンムーン牡41-1
3着マヤノリュウジン牡65-5
スプリンターズS過去10年の1~3着馬の馬齢と通過順位


勝率は「差し」がトップも「逃げ」の連対率、複勝率は脅威

2014年は新潟での開催になっているのでこちらを除いた過去9年の通過順から脚質を調べてみると以下のようになります。

脚質成績勝率連対率複勝率
逃げ【0-3-1-5】0%33.33%44.44%
先行【2-3-2-24】6.45%16.13%22.58%
差し【6-2-3-43】11.11%14.81%20.37%
追い込み【1-0-3-44】2.08%2.08%8.33%

勝率は「差し」が圧倒的です。速いペースで流れやすく、最後の急坂で前を捉えて勝つといったパターンですね。

しかし「逃げ」の馬券内の粘りこみも無視できません。連対率は33.33%、複勝率は44.44%と非常に高くなっています。

逃げ切った馬は過去9年ではいませんが、更にさかのぼれば04年のカルストライトオ、06年のテイクオーバーターゲット、07年アストンマーチャン、08年ローレルゲレイロなどの勝ち馬もいます。

Keibit

スプリンターズSではまず誰が逃げるのかを予想するのが鍵になってきます。

年齢は4歳が1歩有利も高齢馬の健闘も目立つ

次は年齢で見てみましょう。こちらは新潟開催の2014年を除いた過去9年の年齢別の成績です。

年齢成績勝率連対率複勝率
3歳【1-2-1-14】5.56%16.67%22.22%
4歳【2-3-4-16】8.00%20.0%36.00%
5歳【3-3-1-35】7.14%14.29%16.67%
6歳【2-0-3-26】6.45%6.45%16.13%
7歳【1-1-1-17】5.00%10.00%15.00%
8歳以上【0-0-0-8】0.00%0.00%0.00%
スプリンターズS過去9年の年齢別の成績

4歳馬が勝率、連対率、複勝率全てでトップで1番信頼できる年齢と言えるでしょう。

ただ6歳~7歳も数字的にはそこまで推せないものの他のG1レースと比べると健闘できているのもポイントです。

流石に8歳以上となると流石に厳しくなります。

性別成績勝率連対率複勝率
牡馬・セン馬【7-5-5-77】7.45%12.77%18.09%
牝馬【2-4-4-39】4.08%12.24%20.41%
スプリンターズS過去9年の性別別の成績

スプリンターズSでは過去9年で7勝と牡馬の活躍が目立ちます。

連対率はほとんど差がなく、複勝率は牝馬の方が優位なので、連系で入れるなら性別を気にする必要はなさそうです

スプリンターズS傾向まとめ

・脚質は勝率で「差し」優勢も、「逃げ」の馬券内に来る確率が非常に高い。
・年齢は4歳馬に注目!他のG1より6歳~7歳は健闘している。
・性別では牡馬が過去7勝と優勢

その他の中山競馬場のコース


  • URLをコピーしました!
目次