得意の雨で豪脚一閃!ブローザホーンが初G1制覇! レース回顧はこちら

【2024中山金杯】年明け早々難解レース!実力伯仲のハンデ戦【レース予想】

当ページのリンクには広告が含まれています。
中山金杯 レース予想

毎年難しいメンバーとなる金杯ですが今年もどの馬が勝ってもおかしくない実力の拮抗したメンバーが揃いました。

ここでは2024年の中山金杯のレース予想をしていきます。

エスキース

2024年の競馬もいよいよ始まりました!張り切っていきましょう!

目次

中山金杯のコース形態

以下は中山金杯が行われる中山芝2000mのコース図と高低図です。

中山芝2000m コース形態
コース形態
中山芝2000m 高低図
高低図

中山芝2000mは「内回り」コースを使用します。

東京などの広いコースとは違って、小回りで4つのコーナーを回る事から器用さが求められるのが特徴。

他にも二度の直線の急坂越えに加え、野芝が育たない冬ということもあり、パワーやスタミナが求められやすいコースとなります

また中山金杯の週はAコースからCコースに替わるため内が綺麗な状態で走れるため外枠が苦戦傾向です

更に詳しいコースの特徴や傾向を知りたいという方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

有力馬ピックアップ

有力馬ピックアップ

◎エピファニー

3歳時の勢いからすると去年はやや苦労したが、暮れのチャレンジカップで外々を回りながらの4着。内回りであることを考えれば重賞制覇にもようやく目処が立ってきた。

ただAJCCの大敗があるようにタフな競馬には若干の不安点があるのは事実。

「広いコースなら1800mがベスト、内回りなら2000mがピッタリ」とルメール騎手が言うように、この舞台でもこなしてくれるのではないかと考える。

逃げ・先行組が少なく、内枠であるため後方からになると不安ではあるのである程度前目のポジションで壁を作れればというところ。多少乗り難しい面があるのでピーヒュレク騎手の腕前にも注目。

〇マテンロウレオ

去年のこのレースが0.1差の5着。京都記念2着、大阪杯4着、天皇賞春5着という実績はこのメンバーに入ると流石に頼もしい。

夏から秋にかけての成績が思わしくなかったり、58.5キロという斤量がでやや人気を下げているが、チャレンジカップではエピファニーと同じく外を回りながら差のない5着。

今回そのエピファニーよりハンデ差が1.5キロ多いということでこの位置の評価にしたが、陣営も有馬記念に使うつもりで仕上げてたと言うように期待されている1頭。アッサリでもおかしくない。

△アラタ

アラタは去年のこのレースでタイム差なしの4着。幸い今年も昨年と同レベルくらいのメンバーとの戦いになりそう。

オールカマーはG2でレベルが高かったこともあるが、調教から余裕がなかったように夏場の連戦のダメージが抜け切れていなかった様子。ここは仕切り直しの1戦になる。

順調なら金鯱賞の3着、札幌記念の4着と重賞でもそれなりに力を発揮できるのは証明済みだし、OPに戻った巴賞ではドーブネにしっかり勝ち切っている。既に7歳なので更なる成績の上昇は難しいかもしれないが2着、3着なら全く驚かない。

枠は正直極端だが、幸い今年は前を主張する馬が少ない。ここ2戦の行きっぷりの悪さは心配だが上手く前目で立ち回ることが好走の条件となる。

☆サクラトゥジュール

とにかく折り合い面で難しい馬で成績もそれをよく表している。上手く折り合う事ができれば前々走のメイSのような骨っぽいメンバー相手でも強い競馬ができる。

関屋記念は調教で暴走気味に行ってしまった事もあり、直前の調教はなしでの参戦だった。それでも上がり最速の32.8を出しながらの6着で実力は侮れない。

間隔を空けてリフレッシュしての参戦。距離は伸びるが2000mでも勝っているようにやはり折り合い一つということになる。

△ボーンディスウェイ

強い5歳世代で早くから活躍してきた馬。中山成績は【3.2.1.4】と比較的安定しており、大きく負けたレースもG1やG2レース。

好不調の波があるのか、成績が安定している期間と不調の期間が交互に来ている傾向。

先月3勝クラスで久しぶりの1着となりここも絶好調で臨めそう。

前走が3勝クラスで6番人気だったが今回は前売り段階で2番人気。正直オッズ的においしくないが、先行脚質で上手く立ち回れそうなこともあり押えておきたい。

中山金杯暫定レース予想(土曜夜深夜時点)

エスキース

好きな古馬中距離という事で今週はこのレースの予想記事を書きましたが、やや後悔するくらい難易度はかなり高め。
レースレベルがやや低めかつ実力は横並び。ポジション取りが大事になってきそうです。

最終的な買い目は土曜お昼更新予定です

◎エピファニー
〇マテンロウオリオン
△アラタ
△サクラトゥジュール
△ボーンディスウェイ
△マイネルクリソーラ

中山金杯最終レース予想(土曜夜14:30分更新)

エスキース

最終的な印と買い目は以下で
オッズ的に旨味がありそうな〇と☆の単勝も少し
新年早々難しいレースとなりましたが、いいスタートが切れればいいですね

◎エピファニー
〇マテンロウオリオン
△アラタ
△ボーンディスウェイ
△マイネルクリソーラ
△リカンカブール
☆サクラトゥジュール

馬連:◎ー〇△△△△☆
単勝:〇・☆

  • URLをコピーしました!
目次