得意の雨で豪脚一閃!ブローザホーンが初G1制覇! レース回顧はこちら

【AJCC2024】雨予報!タフ馬場で決め手不足を補えるあの馬に注目【レース予想】

当ページのリンクには広告が含まれています。
24年AJCC レース予想

冬の中山芝2200mというタフな舞台で行われるAJCC。今年も古豪のボッケリーニや紫苑Sでアッという末脚を見せた4歳牝馬モリアーナといった個性的なメンバーが揃いました。

当日の中山は雨予報という事もあり、先週までのスピード馬場から一転してタフなレースになりそうな予感です。

ここでは2024年のAJCCのレース予想をしていきます。

Keibit

去年の勝ち馬ノースブリッジは今年はカタールのアミールT(G1)に出走予定となっています。

目次

AJCCの過去10年のデータと傾向

まずはAJCCの過去10年のデータから簡単な傾向を探っていきます。

以下はAJCCの過去10年の1着~3着馬の前走・前走着順・中山実績です。

着順馬名前走前着順中山実績
20231着ノースブリッジ天皇賞秋11着1-0-0-1
2着エヒトチャレンジC3着0-0-0-1
3着ユーバーレベーンJC10着0-0-1-0
2022
1着キングオブコージ中日新聞杯5着2-0-0-1
2着マイネルファンロン中日新聞杯17着2-1-2-2
3着ボッケリーニ中日新聞杯4着0-0-0-0
20211着アリストテレス菊花賞2着0-0-0-0
2着ヴェルトライゼンテ菊花賞7着0-2-0-1
3着ラストドラフトアルゼンチン2着1-0-1-2
20201着ブラストワンピース凱旋門賞11着1-0-0-0
2着ステイフーリッシュチャレンジC10着0-1-1-0
3着ラストドラフト中日新聞杯2着1-0-0-2
20191着シャケトラ有馬記念6着1-0-0-1
2着フィエールマン菊花賞1着1-0-0-0
3着メートルダール中日新聞杯5着1-0-1-1
20181着ダンビュライトサンタクロー1着0-0-2-0
2着ミッキースワロー菊花賞6着2-0-0-1
3着マイネルミラノ中山金杯11着4-1-0-9
20171着タンタアレグリア天皇賞春4着0-0-0-2
2着ゼーヴィント福島記念2着2-1-0-0
3着ミライヘノツバサ迎春S1着4-1-1-0
20161着ディサイファ金鯱賞2着0-2-2-3
2着スーパームーンディセンバー2着0-2-1-2
3着ショウナンバッハJC12着0-0-0-2
20151着クリールカイザーステイヤーズ3着4-3-1-6
2着ミトラ福島記念1着4-0-0-0
3着エアソミュール金鯱賞3着1-0-0-1
20141着ヴェルデグリーン有馬記念10着4-1-0-3
2着サクラアルディート中山金杯9着0-0-0-2
3着フェイムゲームディセンバー6着2-0-0-4
AJCC過去10年の1~3着馬の前走と中山成績


前走G1組が6勝と堅実な活躍

別定戦の古馬G2だけあって前走別の成績を見るとG1組が過去10年で6勝と堅実な活躍を見せています。その他は横一線の印象ですがG3組の連対率も高めで注意したい臨戦過程となります。

  • G1【6-3-2-27】
  • G2【2-0-2-22】
  • G3【1-6-4-28】
  • OP【0-1-1-21】
  • 3勝【1-0-1-13】

この影響もあってか前走2桁着順からの巻き返す馬も目立ちます。過去10年の1~3着馬で前走2桁着順だった馬は13/30と多く、条件好転での巻き返しはしやすいレースとなります。

24年AJCC出走馬でG1出走組 

モリアーナ(秋華賞)
ショウナンバシット(JC)
カラテ(宝塚記念)

中山実績馬が穴を開けやすい

また中山実績のある馬にも注目しておきたいレース。22年マイネルファンロンは【2-1-2-2】11番人気で2着、18年マイネルミラノは【4-0-0-9】8番人気で3着、15年ミトラは【4-0-0-0】7番人気で2着と人気薄でも好走ケースが目立ちます。

中山巧者は人気薄でも一定の注意は払いたいレースとなります。

24年AJCC出走馬で中山芝実績のある馬

クロミナンス(2-0-0-1)
アドマイヤハレー(2-2-1-5)
カラテ(3-1-0-4)
ラーグルフ(2-1-1-3)

有力馬ピックアップ

有力馬ピックアップ

24年のAJCCに出走するメンバーの中から、高評価の馬や気になる有力馬について何頭かピックアップして紹介していきます。

◎ボッケリーニ

とにかく安定感のある馬で以下はG2G3の成績です。

  • G3(2-1-0-3)
  • G2(1-4-1-0)
  • G1(0-0-3)

中でもG2は通算6回走って連対率は8割以上、3着より下の着順になった事は一度もないというのは驚くべき成績。

レースにいっての柔軟性があり、先行~差しと流れにあった戦術がとれるのも安定した成績に1役買っている。反面決め手には欠けるため2着3着が多かったりG1を勝つまでには至っていない。

年が明けて既に8歳だが成績に陰りが見えない以上軽視は禁物。週末は雨模様だが重い馬場でも結果を出しているのも頼もしい。

大外12番枠にプラス要素はないが阪神内回りの鳴尾記念でも12番枠で結果を出しているように枠に合った乗り方をしてくれるのではないかと期待しています。

〇マイネルウィルトス

こちらも8歳と高齢ながらG3やG2の舞台を中心に健闘している。

  • G3(0-1-0-4)
  • G2(0-3-1-3)
  • G1(0-0-0-0)

ボッケリーニと比較すると流石に物足りないが、このレベルの重賞ならいつ勝ってもおかしくないという状況までは来ている。

後方で足を溜めれば23年函館記念のようなあっと言わせる末脚も使えたりもするが、基本的には決め手不足なので何かしら馬場や展開の恩恵が欲しいところ。

そういう馬なので週末の雨は決め手不足を補う最後の一押しになる可能性がある。

ここ最近ほぼ月一で使われ続けている事だけは多少気がかり。またこちらはボッケリーニとは反対に最内という極端な枠。小頭数なのでそこまで心配はいらないかもだが動きづらい位置にはいたくない。

▲カラテ

今回高齢馬の出走が多いと予想していて改めて思うがこちらも8歳馬。

一応かなり雨が降る想定でここまで評価を上げたが実際に重馬場での成績がいい。特に不良馬場だった23年の新潟大賞典は3着以下に8馬身差をつけた勝利。

また普通にG3も3勝としておりこのメンバーでも普通に胸を張れる実績。

  • G3(3-1-1-2)
  • G2(0-1-0-1)
  • G1(0-0-0-5)

一方で前走宝塚の敗因に距離を上げていたのは若干の不安点。

△チャックネイト

チャックネイトの通算成績は【4-1-7-2】で最低着順でも5着と安定感抜群。

非根幹距離のレース経験も豊富で、スタミナを問われる2200mも難なくこなしそう。

前走アルゼンチン共和国杯は初の重賞挑戦ながら今までと変わらず3着と健闘。軽視している人でも紐では押さえておきたい1頭。

☆ショウナンバシット

ショウナンバシットはここ最近の成績が振るわないが、重馬場想定でスタミナの問われるここでもう一度だけ見直したい。

皐月賞はハイペースで重馬場の中、早めに前にとりつく競馬で5着と見所があったし、シルバーステート産駒は上がりがかかるようなタフなレースも得意で血統面での後押しもある。

菊花賞は正直に言うと案外だったが、ジャパンカップは外枠が響く立ち回りで、ハイレベルかつ求められている条件も合わなかった。

G1での2桁着順で人気が下がって妙味はあるだろうし、少し買っておきたい1頭。

AJCCレース予想

レース予想
エスキース

一応重馬場想定で予想を組みましたので、思ったより雨が降らない場合は若干評価を下げる馬は出てくるかも(カラテ、マイネルウィルトスあたり)

基本的には◎を中心に馬券を組みたいと思います。

◎ボッケリーニ
〇マイネルウィルトス
▲カラテ
△チャックネイト
△ラーグルフ
△モリアーナ
☆ショウナンバシット

想定ペース:スロー

馬連 ◎→〇▲△△△☆

  • URLをコピーしました!
目次