世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【2024共同通信杯】舞台好転!得意の瞬発力勝負で完全燃焼なるか【レース予想】

共同通信杯2024 レース予想
スポンサーリンク

東京芝1800mというその後に繋がりやすい舞台設定で皐月賞・ダービーを狙う有力馬が比較的集まりやすい共同通信杯。

今年も朝日杯1、2着馬やホープフルS組で見所のあった馬、期待の1勝馬など面白そうなメンバー構成となりました。

ここでは2024年の共同通信杯のレース予想をしていきます。

Keibit

去年4着のタスティエーラは後に皐月2着、ダービー1着と大躍進しました。

スポンサーリンク
目次

共同通信杯のコース形態

以下は共同通信杯が行われる東京芝1800mのコース図と高低図です。

東京芝1800m コースの特徴・傾向
コース形態
東京芝1800m 高低図
高低図

東京芝1800mは2コーナー付近のポケット地点からのスタートです。

スタート後160m程ですぐに2コーナーに入りますが、斜めに進入していくので直線のような感覚でスピードに乗りながら向こう正面に至ることができます。このため3つのコーナーを回りますが実質ワンターンのコースと言えます。

向こう正面に入ってから3コーナーまではかなり長いのでここで一旦ペースが落ち着きやすくなります。

共同通信杯では前半1:00.0~1:02.0の流れから上がり33秒~34秒前半あたりの瞬発力勝負になるケースがほとんどです。

馬場は先週ほど内が絶対という印象もなく極端な競馬にならなければ枠順はそこまで気にしなくても良さそう。

更に詳しいコースの特徴や傾向を知りたいという方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

有力馬ピックアップ

有力馬ピックアップ

◎ミスタージーティー

前走ホープフルSの5着は悔いが残る競馬だった。大外枠からスタートで出遅れ。

直線は思い切って内を選択もかなり派手に詰まって万事休す。進路が空いてからの伸び脚を見れば上位入線も考えられただけにもったいなかった。

3着だった人気薄のサンライズジパングは次走若駒Sで素晴らしい末脚を見せての勝利。

ホープフルSは例年にしてはいい馬場というのもあったが、淀みのないペースで2:00.2と過去10年でも1番速いタイム。レースレベルは高かったと考えていい。

新馬戦は内回りの京都、ホープフルSは小回りの中山コースとこの馬には少しやりにくい条件だった。

広い東京コースでの瞬発力勝負はベスト条件と見ても良さそう。

朝日杯1、2着馬がもっと先を見据えたレースをする可能性があるし、こちらはなんとしても賞金を加算したい。何より鞍上としては汚名返上の最後のチャンスになるかもしれない。

前走の惜しい負け方が印象に残っている人も多く、オッズ面では既に旨味がないのが残念な所。

〇ジャンタルマンタル

現時点での完成度の高さではこの馬が一番。他の上位人気馬と比較しても明らかに立ち回りは上手いし、理想的なポジションでレースを進める事ができる。

G1で1番人気に推されながら早め先頭で押し切れるのは実力がある証拠。追い出してからの伸びもしっかりしており現状ほとんど穴が見当たらない。

全3戦で33秒台の瞬発力が求められるレースはまだ経験していないため対応できるが鍵だが、そういう展開になっていないだけであっさりクリアする可能性は高い。

賞金的には既に十分なので、先を見据えた乗り方や仕上げになる可能性がある分この評価に。

▲エコロヴァルツ

新馬、コスモス賞は余裕を見せての圧勝。前走朝日杯は隣のミルテンベルクに接触されて後方からの競馬を余儀なくされる厳しい展開で2着。

4コーナーでしっかり待ってから外に出した鞍上のファインプレーも大きかった。

勝ち馬ジャンタルマンタルとはレースの上手さの差が出たが、今回理想的なスタートが切れるようなら逆転も十分考えられる。

後は東京での瞬発力勝負になった場合の適正の差で決まるかなと思っています。先行した場合は仕掛けのタイミングが難しくなると思うがそこは武豊騎手を信頼。

こちらもジャンタルマンタル同様、本番を見越したトライアル的な側面があるだけこの評価に。

△ショーマンフリート

新馬が加速ラップでの勝利で京成杯もかなり期待された1頭。タフ馬場で大外枠だったとは言えパッとしない脚で5着。正直もう少し見せ場は欲しかった印象。

輸送がありながらもプラス18キロだったことを考えると出走体制がまだ整っていなかった可能性も十分考えられる。

ルメール騎手はここ限定のコンビだとしても確保できたのも大きい。スピードの持続力が持ち味で1ハロン延長がマイナスに働くことはなさそう

今回はある程度絞れていることが条件にはなりそうだが、モレイラ騎手の評価もかなり高かった馬でもう1回見直す機会があってもいい。

△ベラジオボンド

1戦1勝馬だが新馬戦の内容が理想的。前目の位置につけながら馬群の中でしっかり我慢させる競馬。抜け出してから坂でも一生懸命走っていたし、これからの競馬で大きな経験になった。

最内枠からの競馬は揉まれた経験がない場合リスクが高いが、前走我慢できたのなら問題ないと見ます。

レース間隔も良く、あとは一気の相手強化でどこまでやれるかというところ。

共同通信杯レース予想

エスキース

◎ミスタージーティーは前走の不利の受け方が派手だったので注目を集めてしまった感じがあるので前走ほどの旨味はもうないのがつらいところですね。

オッズ的にもあまり広げられないので◎から〇▲△△への馬連のみで行こうと思います。

◎ミスタージーティー
〇ジャンタルマンタル
▲エコロヴァルツ
△ショーマンフリート
△ベラジオボンド

馬連:◎→〇▲△△

Keibit

最後まで読んでくださりありがとうございました!

  • URLをコピーしました!
目次