世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【東京芝2400m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

東京芝2400m コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

東京競馬場は日本ダービーを初めとして数多くのG1レースが開催される日本で最も有名な競馬場です。

左回りで芝の1周の長さは2083.1mとスケールの大きいコース。また起伏も激しく実力のある馬でないと勝つのは困難です。

Keibit

ここでは、東京競馬場の芝2400mの特徴や傾向をコース図を交えて解説について図を交えて解説していきます。

スポンサーリンク
目次

東京芝2400mのコースの特徴

東京芝2400m 左
コース形態
東京芝2400m高低図 左
高低図

クラシックディスタンスで日本でも随一の王道コース

スタートは直線の坂を上ったあたり、最初のコーナーまでは約350m程で1コーナーに突入していきます。

2000mのように最初のコーナーまでの距離が極端に短いわけではないので、序盤はある程度余裕をもってレースを進める事ができます。

ただし4つのコーナーを回るため、外枠の馬達は早めに内のポジションを取る必要があります。

そこからもぐるっと1周してくる非常に正統派なコース設計。クラシックディスタンス自体が総合力の問われる距離ということもあり、東京芝2400mは日本でも随一の王道コースになります。

起伏の激しいコース

東京競馬場は馬場状態がよく速い時計が出やすいですが、意外にも起伏の激しい競馬場です。

  • 向こう正面半ばまで続く長い下り坂
  • 3コーナ前の上り坂下り坂(高低差1.5m)
  • 3コーナー半ばから緩やかな上り坂
  • 直線半ばの高低差2mの上り坂
  • 最後に平坦な300mを走りきってゴール

このように道中何度もアップダウンを繰り返します。

特に東京の直線の長さは525.9mで新潟競馬場に次ぐ2番目の長さです。

直線に待ち受ける高低差2mの上り坂は中山や阪神ほど急坂ではありませんが、上り切った後も更に300mもの距離を走りきる必要があるため、実力勝負になりやすいという特徴があります。

Keibit

最後の急坂で一気にきつくなる中山・阪神とは違い、道中から徐々に体力を奪われるコースです。

4つのコースが使用され馬場は傷みにくい

東京の芝コースは幅員(横の長さ)が全ての競馬場で最も広い(41m)。この広さを利用して内ラチを外側に移動させる事でABCDの4つのコースを使い分けています。

  • Aコース(内から0m地点にラチを設置したコース)
  • Bコース(内から3m地点にラチを設置したコース)
  • Cコース(内から6m地点にラチを設置したコース)
  • Dコース(内から9m地点にラチを設置したコース)

このように開催日によってコースを使い分けることで馬場が集中的に痛むのを抑えています。他の競馬場では2つ、または3つのコースを使い分けており、4つのコースを使い分けるのは東京京都のみです。

馬場が傷みにくく、速いタイムが出やすい競馬場です。

東京芝2400mデータ詳細

コース左回り
一周距離(外回り)Aコース:2083.1m 
Bコース:2101.9m 
Cコース:2120.8m
Dコース:2139.6m
直線距離525.9m 
高低差2.7m
コースレコード2:20.6(アーモンドアイ 2018 ジャパンカップ) 
2023年11月23日時点

東京芝2400mで注目の枠順・脚質

東京2400mは基本的に「1枠」「2枠」と内が有利で注目の枠になります。

意外にも「8枠」も悪くないので、嫌われて人気が落ちているようなら狙ってみてもいいかもしれません。

ただし日本ダービーやジャパンカップなどのレースは別です。これらのレースでは内2つ分ゲートを空けるため、内枠は道中押し込められる心配もなく走れるためメリットだけを享受できる形になります。これらのレースは内がかなり有利になることを覚えておきましょう。

脚質は直線の長さを活かした「差し」が優勢です。ただし下級条件だと実力を活かした逃げや先行も有利になりますので注意が必要です。

枠順2枠1枠・8枠
脚質差し
2019年1月1日~2022年12月31日(120レース)

東京芝2400mで開催される代表的なレース

  • 日本ダービー(G1)
  • オークス(G1)
  • ジャパンカップ(G1)
  • 青葉賞(G2)
  • メトロポリタンS(L)

東京芝2400mの代表的なレースはやはり日本ダービーです。3歳クラシックの第二戦目でこのレースに勝つことは全てのホースマンの夢でもあります。競馬の祭典として有名で、競馬に詳しくない人でも「日本ダービー」という名前は知っている程です。

その他の東京競馬場のコース

  • URLをコピーしました!
目次