世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【東京芝1600m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

東京芝1600m コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

東京競馬場は日本ダービーを初めとして数多くのG1レースが開催される日本で最も有名な競馬場です。

左回りで芝の1周の長さは2083.1mとスケールの大きいコース。また起伏も激しく実力のある馬でないと勝つのは困難です。

Keibit

ここでは、東京競馬場の芝1600mの特徴や傾向をコース図を交えて解説していきます。

スポンサーリンク
目次

東京芝1600mのコースの特徴

東京芝1600m コース形態
コース形態
東京芝1600m 高低図
高低図

ワンターンコースで実力勝負になりやすい舞台設定

東京芝1600mは2コーナーで出口あたり向こう正面からのスタートになります。

いわゆるワンターンのコースで、3コーナーまでは約550mとかなり長めの直線が続くのでポジション争いはそこまで激しくなりません。外枠の馬もじっくり理想のポジションを狙うことができるため、有利不利の少なく実力勝負になりやすい舞台です。

起伏の激しいコース

東京競馬場は馬場状態がよく速い時計が出やすいですが、実は起伏の激しい競馬場です。

  • 向こう正面半ばまで続く長い下り坂
  • 3コーナ前の上り坂下り坂(高低差1.5m)
  • 3コーナー半ばから緩やかな上り坂
  • 直線半ばの高低差2mの上り坂
  • 最後に平坦な300mを走りきってゴール

このように道中何度もアップダウンを繰り返します。

特に東京の直線の長さは525.9mで新潟競馬場に次ぐ2番目の長さです。

直線に待ち受ける高低差2mの上り坂は中山や阪神ほど急坂ではありませんが、上り切った後も更に300mもの距離を走りきる必要があるため総合力が問われます。

Keibit

東京1600mはマイル戦ではありますが、ペースが緩まない展開の場合は1800mも走れるくらいのスタミナが要求されます。

4つのコースが使用され馬場は傷みにくい

東京の芝コースは幅員(横の長さ)が全ての競馬場で最も広い(41m)。この広さを利用して内ラチを外側に移動させる事でABCDの4つのコースを使い分けています。

  • Aコース(内から0m地点にラチを設置したコース)
  • Bコース(内から3m地点にラチを設置したコース)
  • Cコース(内から6m地点にラチを設置したコース)
  • Dコース(内から9m地点にラチを設置したコース)

このように開催日によってコースを使い分けることで馬場が集中的に痛むのを抑えています。他の競馬場では2つ、または3つのコースを使い分けており、4つのコースを使い分けるのは東京京都のみです。

馬場が傷みにくく、速いタイムが出やすい競馬場です。また不利が発生しにくい広いコースということもあり、実力の発揮されやすい舞台でもあります。

東京芝1600mデータ詳細

コース左回り
一周距離(外回り)Aコース:2083.1m 
Bコース:2101.9m 
Cコース:2120.8m
Dコース:2139.6m
直線距離525.9m 
高低差2.7m
コースレコード1:30.5(ノームコア 2019 ヴィクトリアマイル) 
2024年1月29日時点

東京芝1600mで注目の枠順・脚質

勝率では「7枠」が特に優秀で注目の枠になります。次いで「1枠」

連対率や3着以内率では「6枠」「8枠」なども良く、外枠だからと軽視すると痛い目に遭いやすいコースです。

脚質では芝1600mは直線の長さを活かした「差し」が特に安定しています。

枠順7枠・1枠・6枠・8枠
脚質差し
2019年1月1日~2023年12月31日(355レース)

その他の東京競馬場のコース

東京芝1600mで開催される代表的なレース

  • ヴィクトリアマイル(G1)
  • NHKマイルカップ(G1)
  • 安田記念(G1)
  • 富士ステークス(G2)
  • 東京新聞杯(G3)
  • クイーンカップ(G3)
  • サウジアラビアロイヤルカップ(G3)
  • アルテミスステークス(G3)
  • キャピタルステークス(L)

東京芝1600mの代表的なレースとしては、「ヴィクトリアマイル」、「NHKマイルカップ」、「安田記念」の春の3つのG1があります。

この他にも数多くの重賞レースが行われるため競馬ファンにとっては攻略必須の競馬場となります。

東京新聞杯過去10年のデータと傾向

着順性齢馬名前走前走着順
23年
1着牡6ウインカーネリアンマイルCS12着
2着牝4ナミュールエリザベス女5着
3着牝4プレサージュリフト京都金杯3着
22年
1着牡4イルーシヴパンサーノベンバーS1着
2着牝4ファインルージュ秋華賞2着
3着牡6カラテニューイヤー1着
21年
1着牡5カラテ若潮S1着
2着牡5カテドラルキャピタルS9着
3着牝5シャドウディーヴァエリザベス女8着
20年1着牝5プリモシーンマイルCS11着
2着牝4シャドウディーヴァ常総S1着
3着牡4クリノガウディ―マイルCS7着
19年1着牡4インディチャンプ元町S1着
2着牝5レッドオルガターコイズS6着
3着牡5サトノアレス阪神C8着
18年1着牝4リスグラシューエリザベス女8着
2着牡4サトノアレスキャピタルS2着
3着牡4ダイワキャグニー中山金杯5着
17年1着牡4ブラックスピネル京都金杯2着
2着牡4プロディガルサン菊花賞11着
3着牡4エアスピネル京都金杯1着
16年1着牝6スマートレイアーエリザベス女5着
2着牡7エキストラランド京都金杯7着
3着牡5マイネルアウラート阪神C9着
15年1着牡6ヴァンセンヌ元町S1着
2着牡6アルフレードニューイヤー9着
3着牡5フルーキー京都金杯4着
14年1着牝6ホエールキャプチャエリザベス女6着
2着牡5エイストラランド京都金杯1着
3着牡5クラレント阪神C3着
東京新聞杯過去10年の1~3着馬の性齢・前走・前走着順

前走G1出走の牝馬が参戦してくれば大注目

成績勝率連対率3着内率
4歳4-5-4-2610.26%23.08%33.33%
5歳2-3-5-295.13%12.82%25.64%
6歳4-1-1-3110.81%13.51%16.22%
7歳以上0-1-0-310.00%3.13%3.13%
年齢別成績
成績勝率連対率3着内率
牝馬4-4-2-1119.05%38.10%47.62%
牡馬/セン馬6-6-8-1074.72%9.45%15.75%
性別成績

年齢別の成績では明け4歳が【4-5-4-26】と勝率、連対率、3着内率がどれも優秀で最初に注目すべきポイント。6歳も勝率では4勝していて4歳と同じくらい優秀だが、7歳以上となると一転して厳しくなり、ここで好走凡走のラインが引かれる。

一番の注目は牝馬の好走率が非常に高いレースであるという事。牝馬は【4-4-2-11】で馬券圏内には半分近くも入っており特に注目しておく必要がある。特に前走G1に出走していた牝馬に限れば【4-2-1-2】で更に好走率が跳ね上がる。

前走G1馬は堅実。勢いのある前走3勝クラスにも注目

成績勝率連対率3着内率
G15-3-2-1817.86%28.57%35.71%
G20-0-3-120.00%0.00%20.00%
G31-3-4-422.00%8.00%16.00%
OP0-3-1-380.00%7.14%9.52%
3勝クラス4-1-0-830.77%38.46%38.46%
前走クラス別成績

前走G1だった馬の成績は【5-3-2-18】。過去10年で5勝と安定した強さを見せている。特にエリザベス女王杯や秋華賞などから適距離を求めてきた馬も強く注意が必要。

前走G2・G3・OP組が苦戦傾向の中において前走3勝クラス組はかなり優秀。4勝を挙げており勝ち上がってきた勢いそのままに好走するケースが目立ちます。


  • URLをコピーしました!
目次