世界のダート王者が集結するサウジカップ コース紹介はこちら

【中京芝1200m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

中京芝1200m コースの特徴・傾向
スポンサーリンク

中京競馬場は左回りの競馬場です。2012年の大掛かりな改修工事によって1周の長さが約1706メートルにもなり、4大主場にも引けを取らない大きな競馬場にリニューアルしました。

いわゆるローカル場なのですが「高松宮記念」や「チャンピオンズC」といったG1も行われる珍しい競馬場です。

ここでは中京競馬場の芝1200mの特徴や傾向をコース図を交えて解説していきます。

スポンサーリンク
目次

中京芝1200mのコースの特徴

中京芝1200m 左
中京芝1200高低図

中京芝1200mは向こう正面半ばからのスタートで、コーナー2つ回るワンターンのコースです。

最初に約100m緩やかな上り坂、そして直線入り口まで緩やかな下り坂が続いたと思ったら、その後すぐ高低差約2.0mの急坂が待っています。この急坂を上りきって安心したのも束の間、200mあまりの緩やかな上り坂がゴールまで続きます。

つまり、このコースほとんどが坂を走ることになります。

芝コースの高低差は最大3.5mにもなりローカル競馬場の平坦コースをイメージしていると痛い目に遭うかも。タフさも要求されるコースになっているので1400m以上でも活躍している馬の方が望ましい。

長い下り坂が続く事と3~4コーナーのスパイラルカーブでスピードが乗りやすくペースは速くなる傾向にあります。

スパイラルカーブとは…

コーナーの入り口は緩やかで、出口にかけて段々と急で小回りになってくる形状のカーブ。出口で外に膨らみやすいため馬群がばらけ易く、差し馬不利の軽減や枠順の有利不利などの軽減が期待できると言われている。

下り坂でスピードに乗ってコーナーに進入していくため、終始内を走れる内枠、逃げ先行がかなり有利なコースとなっています。

中京芝1200mデータ詳細

コース左回り
一周距離Aコース:1705.9m Bコース:1724.8m
直線距離412.5m
高低差3.5m
コースレコード1:06.2(メイケイエール 2022セントウルS) 
2024年1月21日時点

中京芝1200mで開催される代表的なレース

  • 高松宮記念(G1)
  • CBC賞(G3)

中京芝1200mで開催される代表的なレースは春のスプリント王を決める高松宮記念、サマースプリント戦第2弾のCBC賞があります。

高松宮記念の傾向

高松宮記念の傾向を紹介します。一般的な中京芝1200mとはまた少し違うので注意が必要です。

先行・差しが有利

スクロールできます
1着馬(通過順)2着馬(通過順)3着馬(通過順)
2023ファストフォース(7-5)ナムラクレア(10-9)トゥラベスーラ(10-11)
2022ナランフレグ(15-14)ロータスランド(7-8)キルロード(3-3)
2021ダノンスマッシュ(10-9)レシステンシア(6-7)インディチャンプ(11-9)
2020モズスーパーフレア(1-1)グランアレグリア(13-12)ダイアトニック(4-4)
2019ミスターメロディ(4-4)セイウンコウセイ(13-4)ショウナンアンセム(13-11)
2018ファインニードル(6-6)レッツ―ゴードンキ(8-6)ナックビーナス(6-6)
2017セイウンコウセイ(4-4)レッツ―ゴードンキ(13-12)レッドファルクス(8-6)
2016ビッグアーサー(4-4)ミッキーアイル(3-3)アルビアーノ(8-10)
2015エアロヴェロシティ(2-3)ハクサンムーン(2-2)ミッキーアイル(4-4)
2014コパノリチャード(2-2)スノードラゴン(13-13)ストレイトガール(7-8)
高松宮記念の過去10年の1、2、3着馬の通過順位

逃げ・先行が強い中京芝1200mですがG1ともなると途端に逃げは苦しくなります。

過去10年で連対したのは2020年の勝ち馬モズスーパーフレアのみ。勝ち馬のほとんどが好位追走からの先行抜け出しであることがわかります。

3着馬にまで目を向けても先行・差しが中心になります。

後方ポジションから馬券内に来た馬にはいくつか共通点があります。多くは内をピッタリ回ってのイン強襲になります。

  • イン強襲…2022年1着ナランフレグ・2019年3着ショウナンアンセム・2017年2着レッツゴードンキ
  • 超G1級…2020年2着グランアレグリア
  • 道悪Hペース…2014年2着スノードラゴン

G1クラスでも前目につけれるスピードを持った馬1600mのG1でも連対するような実力馬がいたら素直に買いたい。反対に後方一気のレースが目立つ人気馬や外枠に入った馬は疑ってかかる必要があります。

道悪になりやすい

高松宮記念は道悪になることが異常に多いため道悪適正が問われることも多いレースです。当日の馬場状態をチェックしておきましょう。

過去10年馬場状態

その他の中京競馬場のコース

  • URLをコピーしました!
目次