得意の雨で豪脚一閃!ブローザホーンが初G1制覇! レース回顧はこちら

【福島芝2000m】コースの特徴や傾向をわかりやすく解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
福島芝2000m 右

福島競馬場は右回りで1周距離は1600mという全10場の中でももっともコンパクトな競馬場です。

ここでは福島競馬場の芝2000mの特徴や傾向をコース図を交えて解説していきます。

目次

福島芝2000mのコースの特徴

福島芝2000m 右
コース形態
福島芝2000高低図
高低断面図

福島芝2000mは4コーナーのポケット地点からのスタート。1コーナーまでは約500mの長い直線を走ることになります。そのためコーナーまでにポジションが決まりやすく枠順による有利不利はあまりありません

ペースはコーナーに入るまでの直線距離が長いため序盤は速いラップになりがちです。

またタイトな競馬場のため、平坦なイメージがありますが高低図を見てわかるように緩やかな下り上りを繰り返すコースです。勾配はそれほどきつくないので意識する事は少ないですが、案外パワーも求められることは覚えておきましょう。

4コーナーを回ってからは直線は292mしかないため、後ろの馬はそれまでにポジションを押し上げる必要があります。そのため「先行力のある馬、もしくは途中で上がっていける機動力のある差し馬」が強い傾向にあります。

短距離はともかく2000mともなるとアップダウンが多いこともあってか逃げ馬は意外に苦戦しやすくなります。

注意点としては、開催が進むにつれて内側の馬場の痛みによって外差しが決まる傾向にどんどんシフトしていくのでトラックバイアス(コースの有利不利)は常に確認しておく必要があります。

福島芝2000mデータ詳細

コース右回り
一周距離Aコース:1600m Bコース:1614.1m Cコース1628.1m
直線距離Aコース:292.0m Bコース:297.5m Cコース299.7m
高低差1.9m
コースレコード1:57.3(ダイワファルコン 2013福島記念) 

福島芝2000mで開催される代表的なレース

  • 七夕賞(G3)
  • 福島記念(G3)

福島芝2000mでは、サマー2000シリーズ開幕戦である「七夕賞」、3歳馬から古馬まで多彩なメンバーの「福島記念」が代表的なレースになります。

どちらもハンデ戦で予想が難しく荒れやすい傾向にあります。

中央競馬ランキング
中央競馬ランキング

  • URLをコピーしました!
目次